その他

1/2ページ

税理士の登録時研修

2018/10/20 水曜から金曜まで税理士会の研修を受けてきました。 税理士登録をしたら必ず受けないといけない登録時研修なるものを。 初日は税理士の使命やあれこれ。 二日目は租税法概論、関連法律。 三日目は行政法と先輩税理士の体験談など。   研修の中で、 「普通の人は税務署と税理士は一緒だと思ってる」というのを講師の先生から聞きました。 たしかにそうかもしれません。   税 […]

最初は余裕をもって。Office365

2018/10/10 Office365を使ってみました。 SoloではなくBusinessの方。 個人でもBusinessのほう使えるんですね。 しかもSoloより使用料が安い。 SoloにはSkypeの無料通話がついてますが、私は使う予定ないので。 いずれにしても、 Office365はエクセル等のソフトが使えて、 さらに1TBのオンラインストレージも利用できるということで かなりコスパの高い […]

2回目のストレングスファインダー

2018/5/13   今朝ストレングスファインダーのテストをもう一回受けてみました。 現在の私の資質は、下記の通りとなりました。 1.内省 2.分析思考 3.収集心 4.自我 5.学習欲   2010年にテストしたときは、 1.内省 2.収集心 3.目標志向 4.自我 5.未来志向 でした。   というわけで、「内省」は変わらないですね。 相変わらずあれこれ考えるの […]

3歳のでんぐりがえし

2018/5/4   昨夜、息子がでんぐりがえしに成功しました。   「でんぐりがえしができるようになってほしい」と思ったことは一度もないのに。   ただ、時々、私や夫にでんぐりがえしをするよう言うので、 それに答えて何度も回るのが大変だっただけで。   これまでは大人にでんぐりがえしをやらせるばかりで、 息子はあまり自分でやろうとしてなかったけれど、 何度 […]

入社してから健康保険証が発行されるまでは時間がかかります

2014年9月2日 会社に従業員が入社したり、 従業員に扶養家族が増えたりした場合、 社会保険の手続きをします。 年金事務所や健康保険組合などに資格取得届等を提出して、健康保険証の発行を受けるのですけれども、 この健康保険証の発行、 2週間ほどかかるといわれています。 なので入社してすぐ病院へ行く予定がある人などは注意してください。 そんなときは、 資格取得届(あるいは被扶養者異動届)を提出すると […]

失業保険は収入? 所得税と健康保険の扶養判定の違い

2014年8月26日 所得税法では非課税所得というものが規定されています。 その名の通り、所得税が課税されない所得のこと。 社会政策その他の見地から税金を課さなくて良いこととされているのです。 その中の一つに「失業保険」があります。 会社を退職した後、次の職場へ就職するまでの間にハローワークに行って給付を受けるあれです。 ここでよく勘違いされるのが、 失業保険の受給中には、家族の健康保険の扶養に必 […]

社会保険の扶養要件まで106万になったら

2014年6月12日 厚生年金・健康保険の加入要件を2016年10月から拡大する案が出ているらしいですね。 今まで年収130万未満の社員は厚生年金・健康保険に加入しなくても済みました。 しかしながら、国はそれを年収106万未満にして加入対象者を増やすつもりらしい。 現在のところ、下記要件をすべて満たす場合が対象予定となっているようです。 ・週20時間以上の勤務 ・月額賃金8.8万円(年収106万) […]

税理士報酬の決め方

2014年5月27日 たまに他の税理士事務所の請求書を見る機会があります。 今日見た請求書は、タイムチャージ制でした。 自分が独立したときに、どんなふうに料金設定するか、 ときどき考えます。 弁護士、司法書士、税理士などなどの専門職では下記のような請求方法があります。 ・タイムチャージ ・月額の定額顧問料 ・業務内容ごとに料金設定がしてあるもの タイムチャージ制は弁護士などには一番多いでしょうか。 […]

馬鹿にできない振込手数料

2014年5月15日 振込手数料は突っ込みたくなることが多いです。 請求書の支払を銀行振込でするとき、振込手数料がかかりますよね。 その振込手数料を請求者側の負担として、 請求金額から差し引いた金額を振り込む場合もありますし、 普通に振り込む側で負担する場合もあります。 前者の場合は、その会社や業界の慣習で一定のルールみたいなのがあるようです。 卸売業は差し引く場合が多い印象があります。 振り込む […]

国民健康保険税の上限が上がる

2014年2月25日 あ、2月があともう3日しかない。 確定申告期限まであと3週間を切りました。 そこで個人の確定申告の余波とも言える社会保険料の話題を。 基本的に会社員の方は、会社の厚生年金・健康保険に加入していますね。 そして個人事業主の方は、国民年金・国民健康保険に加入しているはずですね。 会社員の方は半分会社負担だし、 給与から天引きされちゃうので 社会保険料が上がっても意外と痛みを感じに […]