税理士の税務以外の仕事

スポンサーリンク

 

2019/6/7

税理士の仕事っていろいろあるんだな、
と最近思っています。

税理士試験に合格して、合格祝賀会みたいなのに出席したとき、
はじめて「租税教室」の存在を知りました。
お話してくれた女性税理士の先生は「たのしいよー。わたしはすき」とおっしゃっていました。

自分が学生の頃はそんなのあったかな?と思いつつ、
「そんなこともするんですねー」程度の認識でした。

登録時研修のときには、
税理士会の組織運営のために各種委員会が存在することを知りました。

しかし、自分には関係ないことだと思っていたのです。
平社員気分でした。

ところがどっこい、
2月に税務支援を手伝っていると
「4月に選挙管理委員会があるから、この日あけといてね」と声を掛けられ、
よくわからず支部の選挙管理委員になり。

先月、選挙管理委員として
開票作業をしていると、
「鈴木さんは次、広報委員だからね」と声を掛けられ、、、

また別の日には、
やるとは言ってないのに
租税教室のやり方を
丁寧に説明してくれる先生がいたり、、、、

 

税務署OBも多い支部の先輩税理士の先生たち、
ちょっと怖いかと思ってたらそうではありませんでした。

みなさん優しくてジェントルマン。

だけど仕事を押し付けるのがうまいのが困りもの。。

そして私の性分として、
与えられた仕事はきっちりこなしたい、というのがさらに困りもの。。

女性は数が少ないから、役が回ってくることが多いみたいなんです。

他の税理士の先生とお話しできるのは楽しいんですがねえ。

 

何のために独立したのか、
見失わないように気を付けます。

 

 

スポンサーリンク