地方の個人事業主はゆうちょ銀行でどうでしょう

2018/10/29

 

ゆうちょ銀行でビジネス(事業)用口座を作りました。

 

私は元々口座を持ってましたので、ゆうちょ銀行の口座はこれが二つ目。

 

地方に住んでると、
いざという時に窓口が近所にある郵便局はやはり便利なんです。

 

というのは、

以前メガバンクの口座を2つ持っていたんですが、

結婚した時の氏名変更や住所変更が窓口でしか手続きできず、

地下鉄に乗ってわざわざ店舗に赴くのが面倒だったのです。

たとえば、宮城県には三菱UFJ銀行の店舗は一つしかありません。。

 

それと、個人事業主だと屋号を口座名義に使えるかという悩みがありますね。

ゆうちょ銀行の振替口座はできるらしいです。

その辺の詳細は他のブロガーさんたちが書いてくれているので割愛しまして。

 

とりあえず私の場合は
屋号に氏名が丸々入ってますので、

口座名義=本名であることは気になりません。

 

同一名義での複数口座所有は金融機関が嫌がることらしいですが、

ゆうちょ銀行に聞いてみたところ
目的がはっきりしてれば2つ目以降の口座も作れるみたいです。

 

ただし、ゆうちょ銀行は貯金上限が一人1300万円。

一つ目の上限を1000万円に設定したら、もうひとつは上限を300万円までしか設定できません。

この上限設定、どの口座をいくらにするかは手続で変更可能です。

 

最初はだいたいで上限を決めておけばよいと思います。

 

 

ビジネスで使う口座を

・売上の入金口座:ゆうちょ銀行

・経費などの出金口座:手数料の安いネット銀行

としておいて、

入金口座のゆうちょから
生活費をプライベート口座へ移し、

今月の支払分を出金口座へ移し、

とやっていけば上限に引っかかることなく運用できるのではないでしょうか。

 

 

ビジネス用口座を分けておくと、

会計ソフトへの連動も気兼ねなくできますし、

残高を見て事業の具合を把握したりするのにも使えたりします。

 

地方銀行はクラウド会計の自動取込ができないところも

まだまだあるので、

迷ったらゆうちょ口座をひとつ持つってことで。

 

どうでしょうか?

(ゆうちょ銀行の回し者ではない)