聞いてもらう話し方

2018/10/17

最近、営業の電話がたくさんかかってきます。

とりあえず一回は出てみて、
「申し訳ございませんが、、、」とお断りするのが大多数なわけですが、
なかには
「鈴木は外出しております」と答えて迷惑電話に設定してしまうのもあります。

 

つまり私は、
電話の声だけで
ひとまず応対するかどうかを判断しているのです。

 

これは自分対お客様の関係でも考えさせられます。

 

私から電話営業することは一切ないですが、
話を聞いてもらう入り口の部分で、
声や話し方は重要だなと思うのです。

なにか説明しても、相手の耳に入る量や質が変わると思うのです。

(もちろん直接会うときは見た目も重要ですが)

 

20代の時に一度派遣会社へ登録だけしたことがありますが、
その会社が行ってくれたビジネスマナー研修で
電話の応対について習ったことがあります。

実務ですぐ生かせるように、講師の先生にビシビシっとしごかれました。
おかげさまで電話対応はそれなりになりました。

今思えばこの研修が無料だったのはラッキーでした。
(この派遣会社はなくなってしまいましたけど)

 

こういったことは
人に教わって、客観的な視点から指導してもらうのが習得が早そうです。

なのでそのうち話し方教室に通うかもしれません。