祖師ヶ谷大蔵 松風

2013年3月24日

東京の桜はちょうど満開ですが、桜のつぼみも膨らむ前に、
以前から気になっていたパン屋さん松風へ行ってまいりました。
土曜日と火曜日の週2日しか営業してないという。
なんと強気な…と、行く前はすこし斜めの視線で見ていたのですが。

午前10時ごろ、世田谷の住宅街の中にあるお店の前にはすでに3人並んでいました。
そのうちのお一人が常連さんなのか、「どうもこんにちわ。」とお声かけいただく。
挨拶を返し、世田谷マダムは上品だなーと感心していると私の番に。
すると和服(作務衣みたいなの)の女店主がこれまた上品に「おはようございます」と。
無駄のない凛とした様子に偏見もぶっ飛びました。
松風
・よもぎ小黒小豆 150円(写真右下)
甘くない。もっちり。
・いちじくとクリームチーズの入ったパン 250円(写真右上。写真は半分食べた後のサイズ)
生地がしっかりしている。いちじくの甘さとクリームチーズの酸味のバランスがすてき。
・セミドライトマトとチーズの入った胡麻クロワッサン 160円(写真左)
ザクザクしたクロワッサンの生地に胡麻が香ばしい。
・ミートパイ 350円(写真なし)
皮がバリバリ!ひき肉と玉ねぎを炒めたものが入っていました。ボリュームあったけど旨すぎてペロリ。

どこか力強い。山育ちみたいなパンたち。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください