続・仙台縦断パン屋ルート タクパン、ジラフ、ジャンヌダルク

2014年1月21日

明日はカレーの日なんだとか。

さて、仙台縦断パン屋ルートの続編です。

アドゥマンのサンドイッチでお腹と心を満たした我々は
若林区と宮城野区のパン屋を襲撃しに行きました。

まずはパン工房takupan(タクパン)へ初訪問です。
takupan
・グランバトン 300円
・全粉粉のフルーツナッツミューズリー・スコーン 130円
・黒糖つぶピー 170円

今回のツアーで一番感動したのがグランバトンです。
まず名前がかっこいい。
長いフランスパンの中には角切りベーコンとかぼちゃがゴロゴロ。
温めるとかぼちゃがねっとりクリーミー。こりゃうまい!

スコーンはザックザクでした。好きなタイプです。
黒糖つぶピーはふんわりしたパンに粒状のピーナッツが入っているピーナッツクリームが。

本当は「フランボワーズ・ルージュ」というパンが買いたかったのですが、13時ごろの焼きあがりらしいです。
次は午後に行こう。そうしよう。

ところで仙台のパン屋さんがピーナッツクリームを挟むとき、
パンは必ずといっていいほどピーナッツ型をしてますね。
かわいらしい。
都内ではあまり見られない現象です。
これも仙台パンの特徴のひとつでしょうか。

続いてはキリンのマークが目印のブーランジェリー・ジラフへ。
こちらは3回目くらいかな。
ジラフ
左から
・ハムカツサンド 190円
・レーズンシュガーバゲット 180円
・コキーユ・オ・フレーズ 230円
・小松菜とバナナのベーグル 140円

ちょうど店内は2014ストロベリーコレクションを開催中。
コキーユ・オ・フレーズもその一つ。
赤と白のチェック柄です。スタイリッシュ!ぶらぼー!
クロワッサン風の生地にチーズクリームが挟んであり、
上にかかっているイチゴパウダーの甘酸っぱさも効いてます。

レーズンシュガーバゲットは表面に砂糖がまぶしてあり、ラムレーズンが入っています。
甘いバゲットなんて珍しいですよね。
バゲット自体が美味しいので、
普通のバゲットも買えば良かった・・・と。

そしてジャンヌダルク フィスエペールへ。
こちらも3回目くらいの訪問になりましょうか。
ジャンヌダルク
左から
・バジルソーセージ(?) 160円
・あこ天然酵母のクロワッサン 160円
・グラタンパイ(?) 200円
・おやじのナポリタン 260円

わたくしこのお店のクロワッサンの大ファンでして、
久しぶりに味わえて幸せでした。
層が厚いんですよねえ。
それを剥がしながら食べるのがいいんだなあ。
以前食べたときには感じなかったチーズ風味がありましたが、
バターが濃厚になったのかしら??
なんでも6月ごろにフランスへパン研修に行ってらしたとか。

それとジャンヌダルクと言えば
お馴染みのものからこだわりのものまで種類豊富な総菜パンも大好きです。
おやじのナポリタンからおしゃれなパイまで。
パイは正式名称を失念してしまいましたが、中のクリームソースがなんとも美味しかったです。

ちょっと行かない間にかなり種類が増えたような。
フランス研修の成果でしょうか。
フルーツのデニッシュがきらきらしておりました。
また行かなきゃ。

つづく(まだ)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA