印紙税

印紙の貼付漏れを自分から申し出る場合

2014年10月23日 法人の税務調査の場合、 たいてい印紙税も同時に調査となります。 印紙税の調査は、 契約書綴りのファイルなどを 調査官がザーッとチェックしていく感じが多いです。 そのような姿をこれまで税務調査に立ち会った中で何回か見てきましたが、 実際に課税されたところは見たことありませんでした。 たまたまですが。 (課税されたという話は数件聞いたことがあります) 印紙を貼るべき文書に印紙を […]

教授とかの印紙

2014年2月6日 この前、大学教授の講演料の領収書をみて 「印紙が無い!」 と一瞬焦りましたが、無くてOKなんでした。 実は、領収書に印紙貼らなくても済む人たちが存在するんですね。 これは、印紙税法別表第一の第17号文書の欄に、非課税として規定されています。 17号文書とは、売上代金に係る受取書ですから一般の領収書を指します。 で、「営業に関しない受取書」は非課税だと示されているのです。 国税庁 […]

25年4月1日から契約書等に貼る印紙税 軽減措置、延長しました

2013年4月6日 4月1日にクライアントの方から電話で質問がありました。 「(不動産の)売買契約書に貼る印紙って、4月から上がるんですか?」 いやいや、上がらないよう延長することが税制改正大綱に書いてあったぞ。と思いながら国税庁のHPを確認すると H25年3月31日までの取扱しか載っていない! H25年4月1日からも同じ金額で本当にいいのか? と、少し焦りました。。。 今ではちゃんと国税庁が印紙 […]

印紙税が変わる

2013年1月28日 平成25年度の税制改正大綱が読めるようになりました。 資産課税の改正に注目が集まっていますが、予想しなかった改正を発見して驚きました。 金銭又は有価証券の受取書のうち記載された受取金額が5万円未満(現行3万円未満)のものには、印紙税を課さないこととする。 (注)上記の改正は、平成26年4月1日以後に作成される受取書について適用する。 今までずっと3万円以上の領収証には印紙貼ら […]