スポンサーリンク

     

2020/6/17

6月も後半に入り、より一層日差しがきつくなってきた。

そう、ウォーズマンの季節である。

   

ウォーズマンといえば、
漫画『キン肉マン』に出てくる黒いマスクのロボ超人である。

11巻表紙の一番後ろにいる人(ロボ?)がウォーズマンだ。

   

2018年から
夏の日よけにサンバイザーを導入した。
これである。

本格的に装着するようになったのは昨年から。

自転車に乗るときに着けている。

帽子と違って風に飛ばされることもなく、
顔を全面的に覆ってくれるので
安心感が半端ない。

しかし、
顔全体を黒で覆うことから
いつしか我が家で「ウォーズマン」と呼ばれるようになった。

  

わたしとしては、とても重宝している便利グッズのひとつ。

金額も2,000円くらいで高くはないし、
もっと早く買えば良かったと思わんばかりである。

   

ところが、こんなにコスパ高いのに、
街で自分以外に見かけることはほとんどない。

どうも普及率が低い。

なぜだ。

みんなウォーズマンになることを恐れているのか?

コーホー言うわけでもあるまいし・・・

   

  

そんなウォーズマン、もといサンバイザーにも
ひとつ不便な点があった。

朝、保育園へ子どもを送るときに
サンバイザーをつけて自転車に乗っていると、
途中ですれ違う知り合いのママさんたちに気づいてもらえないのだ。

挨拶をすると「え?だれ?」となってしまう。

そこで最近は保育園に近づいたら
サンバイザーの角度を上げて半分くらい顔が見えるようにした。

これで挨拶するのも問題ない。

よかったよかった。

  

   

夏本番はこれからである。

夏の日差しはお肌の大敵。戦いもこれからが本番だ。

ウォーズマンの季節は続く。

   

***

スポンサーリンク


★お読みいただきありがとうございました! ご依頼・ご相談はこちらから↓↓↓お願いいたします。 ※鈴木靖子税理士事務所のHPへとびます。 ------------------