税一般

2/4ページ

領収書等のスキャナ保存

2014年11月7日 数日前の新聞に、 政府が税務上保存すべき領収書や請求書の スキャナ保存の範囲を広げることを検討しているという記事がありました。 やっぱりまだまだ基本は紙で保存なんですよね。 別の形式で保存する場合にはあらかじめ税務署に承認を受けなくてはなりません。 現在、承認を受ければ3万円未満の領収書等はスキャナ保存が認められています。 特に領収書や請求書は取引の証拠となりますから、 スキ […]

『所属税理士』が自分のクライアントを持つには

2014年8月4日 税理士法が改正されました。 中でも、雇われ税理士の部分が。 現在、税理士は開業税理士、社員税理士、補助税理士の3区分あります。 開業税理士は、税理士事務所(個人事務所)のトップ。 社員税理士は税理士法人に所属する税理士。 補助税理士は開業税理士or社員税理士の補助的な立場で仕事する税理士。 補助税理士は自分で直接クライアントと顧問契約を結ぶことは許されませんでした。 しかしなが […]

税務訴訟のその前に

2014年7月10日 税務署から「あなたの税金は○○円だ!」というような通知を受けた場合、 納得できなければ不服申立てをすることができます。 行政に対する不服申立てというと裁判を想像しますが、 裁判にたどり着くまでに2段階あります(基本的には)。 1.異議申立て 処分通知のあった税務署に対して異議申立書を提出します。 申立書に納得いかない理由などを書いて処分取消を訴えます。 2.審査請求 異議申立 […]

1 2 4