消費税

1/2ページ

軽減税率と公約

2014年11月20日 明日、衆議院が解散されるようですね。 ニュースによれば 安倍首相は、消費税率10%を2017年4月に先送りにし、 税率改定と同時に軽減税率を導入することを目指す、 と明言したらしいです。 「目指す」って明言なんでしょうか。 自民党・公明党はこれまで 軽減税率を消費税10%時に導入する、としてきました。 これも読み方次第のお話で、 消費税が10%の時に導入すればいいわけで、 […]

消費税の裏と表

2014年10月2日 裏と表、、、というと、 何かどす黒いものが潜んでいるように思われるかもしれない。 そうではなくて、 今回は消費税の売手と買手のこと。 約半年前の2014年4月1日、 消費税率が5%から8%になりました。 また、これから約1年後の2015年10月1日、 消費税は8%から10%に上がることが予定されています。 8%への税率の切替時、当初予想されたほど大きな混乱はなかったようです。 […]

簡易課税改正の経過措置

2014年9月25日 最近お菓子作りに凝っています。 今のところ失敗作の方が多いです。 ところで、間もなく簡易課税の経過措置の対象期限がやってきます。 平成26年9月30日です。 簡易課税のみなし仕入率は改正され、 平成27年4月1日以降に開始する課税期間から ・金融業及び保険業:第五種の50%(従前は第四種の60%) ・不動産業:第六種の40%(従前は第五種の50%) となります。 で、今回の経 […]

消費税の「特定新規設立法人」はわかりにくい

2014年6月18日 ソフトクリームもアイスも もうそんなに濃厚にしないでほしいと最近よく思います。 さて、26年4月1日から始まっている制度があります。 消費税の「特定新規設立法人の納税義務の免除の特例」です。 これは、26年4月1日以降に設立された法人が適用対象です。 消費税の納税義務というのは、 法人の場合は前々事業年度の課税売上高が1000万超の場合に発生します。 これが大原則。 しかし前 […]

短期前払費用の消費税に悩むのは今だけ

2014年4月14日 仙台はいま桜が見ごろを迎えています。 そんな春を感じる今日この頃、 3月決算の会社は、 5月末の申告期限に向けて準備をされていることと思います。 国税庁のHPでは、 消費税の申告書の新バージョンが載っています。 税率が変わったので、申告書もそれに対応しています。 今までだったら付表は通常1枚で済みましたが、 今度は2枚。 増えました。 しょうがないか。。 しかしながら、 新バ […]

今日から8%

2014年4月1日 昨日笑っていいともはグランドフィナーレを迎え、 本日から4月になりました。 ついに消費税が8%になりましたね。 私の8%消費第一号は新幹線切符(予約)でした。 もともと安くないですが、合計金額を表示されたときには すごく高くなったように見えました。 そのうち慣れるのかしら。。 さて、電車通勤、バス通勤の方は定期券も金額が変わります。 給与と同時振込にしている会社は、 今月支払の […]

免税ショップの免税対象

2014年3月24日 連休中に『犬神家の一族』(市川崑監督のリメイク版)を観ました。 ストーリーは知ってるものの、何度観ても面白いです。 富司純子ってすごいんだなあ。 さて、全く関係ないですが、 平成26年10月1日から外国人旅行者に対して販売する免税商品の対象が変わるそうです。 そもそも現行では、免税の対象となるものは、 通常生活に使用される物品(事業用や販売用以外のもの)で、 合計額が1万円超 […]

個人事業主の税抜経理と税込経理

2014年3月14日 町のケーキ屋さんはバレンタインより ホワイトデーに力を入れているような気がする。 さて、昨日に引き続き個人の確定申告について。 個人の場合、前々年の課税売上高が1000万円超となると消費税の納税義務者となります。 つまり消費税の申告書も提出しなくてはならない。 そこで消費税の経理処理ですが、税込経理と税抜経理があります。 消費税の納税義務者である場合は、いずれかを選択します。 […]

支払リース料の消費税を会計入力するときは

2014年2月26日 消費税増税まであと1カ月ちょっと。 質問も増えてきました。 これはどうするんだろう?とずっと思っていたのが 所有権移転外リース取引の消費税。 先日国税庁がQ&Aを出してくれたので 「やっぱりそうか・・・」と納得しつつ。 でもめんどいなあと感じました。 結論としては、 平成26年3月31日までに開始した所有権移転外リース契約の 支払リース料を賃貸借処理する場合は 4月以降も消費 […]

交際費の控除対象外消費税等

2013年10月29日 少し前の話になりますが、 平成24年4月1日以後開始事業年度から、 課税売上高が年5億円超の事業者については、95%ルールが使えないことになりました。 95%ルールというのは、 課税売上割合が95%以上の場合は、仮受消費税から仮払消費税を全額控除できる、というもの。 これが、使えなくなったと。 課税売上割合とは、 課税売上高/(課税売上高+非課税売上高)です。 たいてい企業 […]