住宅ローン控除の用紙

はじめまして。シライです。

このブログは、税金の勉強をしながら、会計事務所で働きながら、パン屋をめぐりながら、日々気付いたことなどを書いてゆきます。
第一は自分のためですが、このブログがどなたかのお役にたてれば幸いです。

まずは最近はじめて知ったことを。

【住宅借入金等特別控除申告書の交付時期】
住宅ローンをしてマイホームを新築等した人は、要件を満たせば所得税の住宅ローン控除の適用が受けられます(マイホームに住み始めてから10年間)。
住み始めた最初の年は確定申告をすることにより控除が受けられます。
次の年からは、会社員の方は年末調整で『住宅借入金等特別控除申告書』『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』を提出することにより控除が受けられます。

『住宅借入金等特別控除申告書』は税務署から交付されます。

いつ交付されるのか?

自分は賃貸ですし、国税庁のHPにも書いてないですし、今まで謎だったのですが、
たまたま今年の年末調整計算をしているときに「届いてない」とおっしゃられた方がいたので、税務署に確認したところ、
「10月下旬に発送しています」
との答えでした。
1つの税務署しか聞いてませんが、おそらく他の税務署も同じ時期だと思われます。
銀行から『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』が送られてくるのも同じくらいの時期です。
住宅ローン控除の適用を受けようとする方はこの時期の郵便物はよくチェックなさってください。

『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』はローンが残っている限り毎年銀行から送られてきますが、
『住宅借入金等特別控除申告書』は9年分の申告書が一括して送られてきます。保管もしっかりと。

平成24年にマイホームを取得して住宅ローン控除の適用を受ける会社員の方は、

  • 25年3月15日までに確定申告
  • 25年10月下旬ごろに『住宅借入金等特別控除申告書』『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』が届く
  • 25年11月ごろ、”25年分”と書かれた『住宅借入金等特別控除申告書』『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』を会社に提出
  • 26年10月下旬ごろに『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』が届く
  • 26年11月ごろ、”26年分”と書かれた『住宅借入金等特別控除申告書』『住宅取得資金に係る借入金の年末残高等証明書』を会社に提出
  • 27年~33年: 26年同様

というわけで、そのほかの年末調整関係の証明書が送られてくるのも10月末前後なので、同じ時期なのでした。

あれ?ふつうですね。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA