月別アーカイブ: 2014年9月

簡易課税改正の経過措置

2014年9月25日

最近お菓子作りに凝っています。
今のところ失敗作の方が多いです。

ところで、間もなく簡易課税の経過措置の対象期限がやってきます。

平成26年9月30日です。

簡易課税のみなし仕入率は改正され、
平成27年4月1日以降に開始する課税期間から
・金融業及び保険業:第五種の50%(従前は第四種の60%)
・不動産業:第六種の40%(従前は第五種の50%)
となります。

で、今回の経過措置は、
平成26年9月30日までに
「消費税簡易課税制度選択届出書」を提出した事業者は、
平成27年4月1日以後に開始する課税期間であっても、
適用開始課税期間の初日から2年を経過する日までの間に開始する課税期間については
改正前の従前のみなし仕入率を適用する、
というもの。

そもそも消費税の簡易課税制度は、
業種ごとに分けた一定率(みなし仕入率)で
消費税の納税額を簡便的に計算する制度。

これは年間の売上が5000万以下程度の小規模な事業者にのみ許された制度ですが、
原則的な計算方法より、簡易課税制度の方が納税者にとって有利な場合が多いので、
小規模な事業者はたいてい簡易課税を選択します。

でも、今回の改正でみなし仕入率が下がりました。

この改正により、対象業種の事業者については
今まで簡易課税の方が有利だったのに、
改正後は不利になる、ということも出てきます。

そういう場合は、簡易課税の適用をやめる不適用届出をし
原則的な計算方法に戻せばよいのです。

しかし、
簡易課税は一度選択すると、
最低2年は簡易課税のみなし仕入率を使って申告しなければなりません。

なので最近簡易課税を選択した事業者は、
有利だと思って選択した簡易課税が、
突如改正により不利になってしまい、
それを2年間続けなければならないことも出てきます。

これを配慮して
簡易課税によって申告しなければいけない2年間については
従前のみなし仕入率を使ってよいという経過措置が設けられたようです。

(つまり、ずっと前から簡易課税制度で申告していた事業者にとっては関係ない話です)

というわけで、
経過措置の適用を受けたいなら今月末までに急いで提出してください。

平成26年10月1日以後に提出した『消費税簡易課税制度選択届出書』については
経過措置はもう無いです。

10月からは
「みなし仕入率が下がることはもうわかってるでしょ?」
て、ことですかね。
配慮なし。

あ・ら・伊達な道の駅の納豆パン

2014年9月22日

このまえちょっと小旅行してきまして、
その帰り道、
『あ・ら・伊達な道の駅』という宮城県大崎市の道の駅に立ち寄りました。

変わった名前の道の駅ですが、
なぜかロイズのチョコが売ってたり、
とにかく賑わっておりました。

その中にパン屋さんを発見。
パン工房アンマローネさん。

そして、
おそらく名物商品の
「岩出山納豆の納豆パン」を購入してきました。
納豆パン ポップ
カレーパンのように揚げてあり、
まわりにサクサクのお煎餅のような衣がまぶしてあります。

割ってみるとこんな感じ。
納豆パン 断面
まぎれもなく納豆が入ってます。

これ、普通に美味しいです。

というか、びっくりするほど普通です。

納豆とパンの組合せに全く違和感を感じさせません。

中にチーズが入っているらしいのですが、
少しもチーズを感じられないのは何故だろう。

マヨネーズも入っているらしいのですが。
はてどこに・・・?

実はものすごい絶妙な加減で味付けされているのかしら。

超ハイコスパ 全品120円 ももいまる

2014年9月16日

すっかり涼しくなって
パンの美味しい季節です。

さて、
前回に引き続き、五橋駅ぷちパンツアー。
大黒屋さんから歩いて3分くらいのところにある
ももいまるさんです。
ももいまる 外観

驚くべきはその価格。
全品120円なのです!

食パン1斤も120円。
バゲット1本も120円。

なのに、小ぶりなわけでもなく、中身が少ないわけでもなく、手抜きしているようにも見えません。
立派なパンたちがこの店には並んでいるのです。

ももいまる パン
・ツナフランス
・黒糖とシナモンレーズンのパン
・レモンクリームパン

ももいまる めんたいフランス
・めんたいフランス

ももいまる プチパン
・3個で120円のミニパン(チョコチップスコーン、かぼちゃ豆乳パン、クルミパン)

これがどれもうまい。

ハズレがないんじゃないかと思います。
何故オール120円で経営できているのか不思議です。。。

仙台一高の近くということもあり、
学生向けの価格設定なのかもしれません。

しかしながら、
よくある学生向けパン屋さんより
ひと回り上のレベルといいますか。
ふた回り上のレベルといいますか。

うーん、すごいパン屋です。

今まで訪問したパン屋さんの中で
一番コストパフォーマンスが高いです。

行って損することはまずないでしょう。

ただ、品切れは早いようなので午前中に行くのがオススメです。

大黒屋製菓ケーキハウスクロダでパンとがんづき

2014年9月12日

先週末にぷちパンツアーをしました。
夫を引き連れて。

まずは地下鉄五橋駅から仙台一高の方へ歩いて10分くらいのところにある
大黒屋製菓 ケーキハウスクロダさんです。

実は店名がこれで合っているのかよくわかりません。。。

レシートには「cake house Kuroda」となっておりましたけれども、
外観からは「大黒屋」の名前が主張されているような。
大黒屋 外観2
大黒屋 外観

店内はそれほど広くないですが、
ケーキもパンもいろいろ並んでおります。

購入したのはこちら。
大黒屋 パン
・タンドリーチキンサンド 247円
・ダブルチョコ三角 165円
・がんづき 82円
・たこ焼きパン 60円(写真なし)
(全て税込)

タンドリーチキンサンドは小さめなのにちょっと高いかな?と思っていたら
中のチキンがボリュームありました。

ダブルチョコ三角は横から見るとこうなっておりまして
大黒屋 ダブルチョコ三角
ふわふわのパンです。
チョコの層に沿って割いて食べると良いかんじ。

「がんづき」って東北に来てからよく耳にするようになりました。
蒸しパン風とゆべし風と2種類あるそうですね。

大黒屋さんのは蒸しパン風。

「がんづき」と、ふつうの黒糖蒸しパンと、何が違うのかと少し調べたら
「がんづき」はお酢と重曹で膨らませるんですね。
(蒸しパンはベーキングパウダーで膨らませる)

ひとくち戴きましたが
ふかもっちりとして美味しかったです。

店内の中央に一番たくさん並んでいましたので
ファンが多いのでしょう。

やはり店名からすると、和菓子も昔は結構作られていたのかしら。

お店の方が気さくに話しかけてくださったりして、
なんだかほっとする町のパン屋さんでありました。

寄与分って簡単じゃない

2014年9月9日

先週末に漫画『海街diary』を古本屋で大人買しました。
この漫画、やたらと相続の話が出てきます。
海街diary

そこで、寄与分について
チラッと、
ほんのチラッと出てきたので調べました。

寄与分とは、民法904条の2に規定されています。

(寄与分)
第九百四条の二
 共同相続人中に、
 被相続人の事業に関する労務の提供又は財産上の給付、
 被相続人の療養看護その他の方法により
 被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者があるときは、
 被相続人が相続開始の時において有した財産の価額から
 共同相続人の協議で定めたその者の寄与分を控除したものを相続財産とみなし、
 第九百条から第九百二条までの規定により算定した相続分に寄与分を加えた額をもってその者の相続分とする。

つまりは、亡くなった父親の会社を無給で手伝っていたとか、
ずっと寝たきりの状態を介護していたとか、
そういうことをしていた相続人が、
本来相続できる相続分にプラスして財産がもらえる制度ということですね。

寄与分については
まずは相続人間の話し合いで決めることになります。
でも話し合いがまとまらなければ
家庭裁判所に調停や審判を申し立てて決めます。

しかしながら、
寄与分って裁判所で簡単に認めてくれるものではないようなんですね。

家族なんですからお互い助け合うのは当然。

ちょっと家の仕事を手伝っていたとか、週何回か食事を用意しに行っていたとか、
その程度では寄与分とは認められないらしいのです。

特に配偶者については、夫婦なんだからお互いの面倒みて当然。
寄与分を認めてもらうのは、子供よりもハードルが高い。

しかも寄与分が認められたとして、
金額にするといくらか?

その算定については
「寄与の時期、方法及び程度、相続財産の額その他一切の事情を考慮して、寄与分を定める。」
と条文には書かれております。
具体的にいくらとは決まってない。

なので、
無給で事業に貢献していたら給与相当額、
介護をしていたらヘルパー代相当額など、
算出方法はいろいろあるようです。

普通に相続人間の話合いで決着する場合はよいですが、
家庭裁判所で調停や審判となれば
心穏やかではないですね。

亡くなった人への貢献度を主張して他の相続人より多く財産をもらおうということなのですから、
やはり寄与分は簡単じゃないです。

納期の特例 申請と取消

2014年9月3日

会社などが従業員に給料を支払う場合、
所得税を天引きした上の差し引き額を支払います。

その天引きした所得税は、
支払月の翌月10日までに納税します。
これが原則。

しかしながら給与の支給人員が常時9人以下の小規模な会社などは
半年ごと(下記の期間)にまとめて納付できる特例があります。
・1月から6月の支払給与の所得税:7月10日までに納付
・7月から12月の支払給与の所得税:翌年1月20日までに納付

この制度を「納期の特例」といいます。

もちろん特例を受けるためには
申請書を提出して
税務署長から承認を受けなくてはなりません。

申請書の提出月の翌月末日までに、税務署長から却下されなければ、承認されたものとみなされます。
例えば、9月中に申請書を提出した場合は、
10月末に承認があったものとされ、10月分の所得税から特例が適用できるため
下記のようになります。
 ・7月支払給与の所得税:8月10日までに納付
 ・8月支払給与の所得税:9月10日までに納付
 ・9月支払給与の所得税:10月10日までに納付
 ・10月から12月の支払給与の所得税:翌年1月20日までに納付
 ・翌年1月以後:半年ごと納付

※原則納付と特例納付で納付書が異なるので注意してください。

では、
「納期の特例」の適用を受けている会社の従業員が増えて
給与の支給人員が常時10人以上となったときはどうするかというと
特例の適用を取りやめる届出書を提出します。

例えば、9月中に届出書を提出した場合は、
 ・7月から8月の支払給与の所得税:10月10日までに納付
 ・9月支払給与の所得税:10月10日までに納付
 ・10月以後:支払月の翌月10日までに納付

特例を受けるときと逆になるわけですが、
取りやめるときは、届出書の提出月分からすぐ原則納付に戻るのです。

これは、”届出書”が申請書とは異なり、承認を必要とされるものではないからです。

まあ、今まで特別だったのを
普通に戻すだけですからね。

入社してから健康保険証が発行されるまでは時間がかかります

2014年9月2日

会社に従業員が入社したり、
従業員に扶養家族が増えたりした場合、
社会保険の手続きをします。

年金事務所や健康保険組合などに資格取得届等を提出して、健康保険証の発行を受けるのですけれども、

この健康保険証の発行、
2週間ほどかかるといわれています。

なので入社してすぐ病院へ行く予定がある人などは注意してください。

そんなときは、
資格取得届(あるいは被扶養者異動届)を提出すると同時に
『健康保険被保険者資格証明書交付申請書』を提出してもらうよう
会社の手続担当の方にお願いしましょう。

これは健康保険証が発行されるまでの間の仮保険証のようなものです。
病院へ行った際はこれを正規の保険証の代わりに提示すればOK。

なぜ資格取得届(あるいは被扶養者異動届)と同時に提出したほうが良いかというと、
資格取得届等が別の課などに回されている間は、
その保険資格が確認できないため、
資格証明書の承認がすぐに得られない場合があるからです。

よくあるのが、扶養している子供の病院予定を忘れていて
慌てて手続きするというもの。

もちろん一旦10割全額支払って、
保険証が発行されてから自己負担割合以外の分を請求してもよいのです。

その場合は、病名等が書いてある診療明細書と領収書の原本を添えて、
「療養費支給申請書」を加入している健康保険協会or健康保険組合等へ送付します。
そんなに難しいことじゃありません。
でも一旦10割負担するのを嫌がる人は多いですね。。。

前述したように、資格取得届等と資格証明書の提出がずれると
仮保険証もすぐに手に入りにくい上に
事務負担も増えます。

そのあたりをご考慮いただけると
事務手続き側としては有り難いです。

岩手・一野辺製パンのタマゴパン

2014年9月1日

スーパーで時々見かけるパンがありました。
『タマゴパン』
タマゴパン

これまで総菜パンかと思っていたのですが
良く見たら菓子パンでした。

こちらのパンは
岩手県二戸郡一戸町にある製パン会社
一野辺製パン株式会社さんが作ってらっしゃいます。

一戸って青森じゃなくて岩手だったのか。
初めて知りました。

因みに直売所が
本社のある岩手の一戸と、青森の八戸の2か所にあるそうです。

包装袋にも書かれているように50年以上の歴史ある製パン会社さんのようですね。
最近はから揚げ専門店もされているようですが。。

タマゴパンはふわふわの黄色っぽい甘めの生地に
甘いホイップクリームがサンドしてあります。
けっこうサイズが大きいのでボリュームあります。
なんとカロリーも591kcalあります。
あなどれません。

スーパーで購入した時は値引きされていたため86円でした。
通常は100円前後なのかな?
コスパは高いかも。

黄色っぽい生地は商品名の通り卵が入っているからなのでしょうか。
原材料名にも7番目に書いてありますね。
タマゴパン 原材料
製法にも拘ってらっしゃるようで好感持てます。

岩手はローカル製パン会社がいろいろあって興味深いです。
また新たな出会いに期待が募るばかり。