月別アーカイブ: 2014年7月

『前期損益修正益』はまだ使用できるか

2014年7月31日

スイカを食べすぎました。
しばらく続くと思います。

さて、税務調査も新しいシーズンへ突入しているようです。
税務署は人事異動が7月にあり新年度スタート。
早速新しい部署へ配属された税務職員の方から調査依頼の電話が何件か来ている模様。

最近ふと疑問に思うことがありました。

以前税務調査があった会社の修正申告は既に提出が済み、
追加分の税金も納めたので、
当期に受入記帳をしようとして、

『前期損益修正益』って使っていいのか?

と思ったのです。

というのは、
企業会計基準第24号「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」というものがあり、
過年度の修正は、当期に反映させないよう書かれているのです。

ではどうやって過年度修正をするかというと、
利益剰余金を動かすのです。

例えば、過年度の売上計上が漏れていたら、
売掛金/前期損益修正益 100
といった形で会計上は仕訳をしていたものを、

売掛金/利益剰余金 100
とするのです。

なので、株主資本等計算書に過年度修正の変動が出てくることになります。

ということは、『前期損益修正益』『前期損益修正損』の科目はもう使用すべきでないのかしら・・・??

と思いましたが、
そんなことはないようで。

大法人は企業会計基準に従う必要がありますが、
中小企業は強制されません。
『中小企業の会計に関する指針(中小指針)』あるいは『中小企業の会計に関する基本要領(中小要領)』に沿って
会計処理をすることが適当とされます。

しかしながら中小指針と中小要領には
過年度修正について特に記載されていません。

記載のないものについて、中小要領ではこのように書かれています。

本要領で示していない会計処理の方法が必要になった場合には、
企業の実態等に応じて、
企業会計基準、中小指針、法人税法で定める処理のうち
会計上適当と認められる処理、
その他一般に公正妥当と認められる企業会計の慣行の中から選択して適用する。

とまあ、他の規定にヨロシクな感じになってます。

でも中小指針と中小要領の損益計算書の例示を見ると
どちらも特別利益の区分に『前期損益修正益』が載っているので
中小企業はまだ使ってもうるさく言われないと思われなさそうです。

これはいわゆる”企業会計の慣行”のひとつということかもしれません。

※こういった慣行がそのうち廃れることもあるので注意しましょう。

もちろん中小企業も「会計上の変更及び誤謬の訂正に関する会計基準」に従って処理してOKです。
その場合は、
法人税の別表も記載方法が変わるので注意が必要となります。
詳しくは割愛しますが、
期首の繰越損益金が変わるので
なんじゃこりゃ
という気分になります。

仙台の和風ベーグル cobaraya

2014年7月23日

うーみよー
おれのうーみよー

今年も海の日終わりましたね。

ところで先日、仙台のベーグル屋cobaraya(こばらや)さんに行ってきました。
いい名前。

最寄駅は地下鉄の勾当台公園。
お店は青葉区役所の裏手あたりにあります。
こばらや 外観
土曜の昼過ぎに伺いましたが、まだ8種類くらいのベーグルがありました。

ここのお店の特徴は、
ベーグルに和風な具が入っているところでしょうか。

今回購入したのは、
・海老チーズ(桜エビ、塩昆布、チーズ入り)税込190円
・チョコバナナ?(チョコチップ、ドライバナナ入り)税込190円
・カルツオーネ(トマト、ハム、チーズ入り)税込190円
こばらや パン
こばらや パン断面
やはりインパクトが強いのは海老チーズ。
塩昆布の存在感は大きいです。
まるでおにぎりを食べているような気分に?

チョコバナナは具剤の主張が意外と薄く、あっさりした印象。

カルツオーネはベーグル生地で作られているのかしら。
生地が厚く、食べ応えあります。

この日、他にはあんこが入ったものが何種類かあったのですが、
ついその時の気分でチョコの方を手にしてしまいました。
お店を出てから、
店としてはそちらの方が”押し”の商品だったのではないか?という疑問がふつふつとわきあがり・・・

この店のもっちり生地には和風の具剤の方がしっくりくるような気がします。
こうなれば次回はあんこ系を攻めるしかありません。

店内は白を基調としたかわいらしい雰囲気。
席数は多くないですがイートインもできるようですし
ドリンクの値段も良心的だったような。
店内で食べるのも良さそうですね。

次は切干大根が入ってるのも試してみたいなあ。

斎藤惣菜店の偉大なるカツパン

2014年7月14日

仙台には仙台朝市というのがありまして、
場所は仙台駅から徒歩5分くらい。
イービーンズというショッピングビル(?)の裏手でやっています。
”朝市”だけど夕方くらいまでやっているとか。
日曜はお休みのようです。
仙台朝市

で、この仙台朝市で売っている総菜パンが美味しいとの情報を以前から目にしておりました。
その総菜パンを売っているお店は、
『斎藤惣菜店ころっけや』さんです!
揚げもののお店ですね。

最初は朝9時ごろ行ってみたのですが、パンの姿がない。

お店の看板には「調理パン 108円~」という表記があったので聞いてみると
調理パンは11時ごろからの販売だとのこと。

その日は一番人気のじゃがじゃがコロッケ65円とハムカツ(?円)を買って帰りました。
食べてみると、このコロッケとハムカツがすごく美味しい。
これはパンに挟んでも絶対美味しいに違いない。

というわけで前置きが長くなりましたが、
この前の土曜日にリベンジしてきまして、
ようやく調理パンをゲットできました。
斎藤惣菜店 パン陳列
斎藤惣菜店 パン
ヒレかつパン 195円
チキンかつパン 162円
カニクリームコロッケパン 108円

近くのベンチで早速ヒレかつパンから戴くと、
ほんのり温かい。

ヒレカツがすごく柔らかくて超うまい。
そりゃもう、うまい。
中のキャベツとソースもとても良いあんばい。
そしてサンド用の6枚切り食パンはしっとりしていて、こちらもうっとりするほどうまい。

チキンかつパンの方も一口いただくと
こちらもかなーりうまい。

かつパン2大巨頭があまりにもうますぎたため
カニクリームコロッケが霞むほど。。。

これも美味しいんだけど。
普通だったらすごく美味しいんだけど。
かつパンがうますぎました。

なんということだ。

また行こう。

税務訴訟のその前に

2014年7月10日

税務署から「あなたの税金は○○円だ!」というような通知を受けた場合、
納得できなければ不服申立てをすることができます。

行政に対する不服申立てというと裁判を想像しますが、
裁判にたどり着くまでに2段階あります(基本的には)。

1.異議申立て
処分通知のあった税務署に対して異議申立書を提出します。
申立書に納得いかない理由などを書いて処分取消を訴えます。

2.審査請求
異議申立てをしても却下されてしまった場合などに
国税不服審判所に対して審査請求書を提出し、審査をしてもらい、処分取消を訴えます。

3.訴訟(裁判)
審査請求しても納得いかない結果だった場合には
裁判所に訴訟を起こすことができます。

と、ここまでは現在の国税不服申立制度です。

しかしながら先月の6月6日に行政不服審査法の改正が成立し、
6月13日に公布されました。
実際施行されるのは
「公布の日から起算して2年を超えない範囲内において政令で定める日」
となっており、
まあ具体的な日付はまだ決まってません。
でも平成28年の夏ごろには施行されるようです。

改正後は、「異議申立て」が無くなります。
すぐに「審査請求」するか、あるいは「再調査の請求」をします。

「再調査の請求」というのは、税務署側の決定等は税務調査に基づき行われることが多く、
その調査の事実認定がそもそも間違ってるんじゃないのか?
というときにもう一度ちゃんと調査してもらうよう請求することのようです。

いずれにしてもすぐに裁判とはいかないわけですね。

ただ、裁判になるとお金も時間もたくさんかかるのです。

だから裁判に至る前の手続きで処分が取消されるよう書面できっちり訴えることが必要です。

私もこの前、異議申立ての理由文を推敲しましたが
なかなか国語力が試されます。。。

異議申立書は些細なことでも提出したりするので、あまり難しく考えるのもよくないかなと思うのですがね。

冷やさなくてもおいしいよ ホイップメロンパン

2014年7月9日

最寄りのローソンへ行くと、
そこにはシライシパンの『ホイップメロンパン』が。
ホイップメロンパン
税込130円でした。

シライシパンは以前にも紹介しまししたが、
東北各地に拠点を置く製パン会社です(本社は岩手)。
東北のスーパーやコンビニで買うことができます。

普段はこういうクリーム系のパンにはあまり走らないのですけれども、
今日は甘いものが食べたい気分だったのでついついつい。

とはいっても
シライシパンのテレビCMもラジオCMも
このホイップメロンパン押しなので
会社の主力商品であることは間違いなく、
以前から気にはなっていたのです。

現在はプレーン(ミルクホイップ)、チョコ、マンゴーの3種の味が出ているようです。
(ローソンにはマンゴー味は置いてなかったですが)

今回はチョコ味を購入。

ホイップメロンパン 断面
クリームたっぷりです。
このチョコクリーム美味しい。
しかも生地にもチョコチップ(?)が入っている。
これで130円とは、なかなかコスパ高いのではないでしょうか。

もちろんカロリーも高い。
1個 468Kcal。

恐れをなして今日は半分だけにしておきました。

「冷やしてもおいしいよ♪」とCMで何度も聞いているので
明日は残り半分を冷やして食べてみようと思います。

でも冷やすって、冷蔵庫?冷凍庫?

どっちかしら。。。

修正申告の罰則税

2014年7月7日

先日税務調査で修正申告した分の加算税やら延滞税の通知書がきました。

修正申告をした場合、
本来納めるべきだった税額を再計算して、
納付が不足していた分を支払います。

この不足分の税金に「加算税」と「延滞税」の罰則金が課されるのです。
この罰則金に関しては税務署が勝手に計算して納付書が送られてくるので
それをそのまま支払うことになります。

修正の対象となった申告書を、期限内に申告している法人の場合を想定して考えると次のようなものがあります。

(1)過少申告加算税
通常の修正申告において、不足していた税額×10%で課されるもの。

しかしながら、不足していた税額が、次のいずれか多い金額を超える場合には
その超える部分については15%で計算されます。
・期限内に納めた税額
・50万

(2)重加算税
事実を隠ぺい・仮装していたとされていた場合に過少申告加算税に代えて課されるもの。
不足していた税額×35%

(3)延滞税
不足分の税額×2.9%(平成26年の場合)

※不足分の税額を修正申告書の提出日から2カ月以内に納付した場合

※期限内申告がされている場合の修正申告については、
延滞税の特例が設けられており、
期限内申告の申告期限から1年以上経ったのちに修正申告を提出しても、
延滞税は1年分しか課されません。

・・・と、こんな感じでしょうか。
延滞税の特例については、税務調査による修正申告で3年とか遡ることもあるので
税務調査のタイミングにより不公平がないように配慮されたものであるとか。
また、延滞税は不足分の税額の納付が遅れると、年9.2%(平成26年の場合)で課税されます。

『社長のお金の残し方』読みました

2014年7月1日

さて2014年後半スタートですね。

吉澤大さんの『社長のお金の残し方』を読みました。
社長のお金の残し方

年商5億円までの中小企業に絞って、
つぶれない会社になるための知恵がまとめられてます。

すごく面白いです。

会社がつぶれるのは
赤字が続いたからじゃなくて、
資金が足りなくなるからだという話はよく聞きます。

だからこその融資の考え方や
社長の給与はどこまで取っていいかなど、
過不足なく書かれているように思います。

会社をただ大きくするのを良しとせず、
高効率な組織にするためには少数精鋭を心がける、
しかも
”優秀なスタッフが少数で運営するというよりは、
私は「少数にすることで精鋭化する」ことだと思っています”
というのは新しい発見でした。

きっとこの本は何度も読み返すだろうなあ。