月別アーカイブ: 2013年9月

法人の復興特別所得税こそ撤廃

2013年9月30日

明日はついに待ちに待った、
でもやっぱり聞きたくない、
いやいやそれならそうと早く言ってほしかった、
消費税増税決定の発表のようです。

それと同時に復興特別法人税を3年から2年に短縮することも発表するかを今夜遅くまで偉い人たちが話し合うみたいですね。
やはり増税は減税とセットで発表するものなのだろか。

ちなみに復興特別法人税は、法人税の10%。
法人税は現在、利益(税法計算上の利益)×25.5%(又は15%)です。
利益が10,000,000円の場合、法人税2,550,000円、復興特別法人税255,000円となります。

それよりも、法人にも課される復興特別所得税を早く撤廃してほしいなあ。
て、多くの税理士及び税務署職員の方は思ってるのではないでしょうか。

本来、法人が生み出す利益には法人税が課せられ、所得税は課されない。
しかしながら、預金の利息や、株式の配当などは、法人であっても受取る際に所得税が課される。

普通預金だったら半年に1回、預金利息が発生します。
預金利息に課されるのは、現在、国税15%、地方税5%、復興特別所得税0.315%。
口座に入金されるのは、これらが控除された後の金額。
これらの所得税は自動的に払う仕組みになっているのです。

法人は、この自動的に払わされた所得税については、
法人税の前払いとして、最終的に支払う法人税と相殺できます。

赤字だった場合には、そもそも法人税がゼロなので、法人税の前払いとされる所得税は還付を受けることができます。
ここで面倒くさいことが起きます。

復興税の申告書は、必ず提出する法人税や地方法人税の申告書とは別に作成します。
還付を受けるためには申告書を提出しなくてはなりません。

そもそも普通預金の年利0.02%程度。
定期預金ならもう少し利率は上がりますが、
復興特別所得税の税率は0.315%ですので、たいてい数円しか発生しません。

前払いした復興特別所得税、数円の還付を受けるために、申告書を別に作成しなくてはいけなくなるのです。
まあ、2枚くらいなんですけど。

復興特別法人税は当初3年間限定でしたが、
復興特別所得税は25年続きます。
税理士側は、25年間、数円の還付を受けるために申告書を別に作らなくてはいけない・・・
税務署側は、数円の還付のために通知書を送って還付口座へ振込手続きをとらなくてはならない・・・

事務手続きが増えて税務署員の残業代が増えたら意味がないので、
まあ、これは明日じゃなくても次の税制大綱当たりで撤廃されるかもしれませんね。

定期購読料の消費税経過措置

2013年9月27日

平成26年4月1日から消費税が増税されることはほぼ確定のようでありますが、
安倍首相がはっきりいってくれる前に指定日が訪れそうです。

指定日というのは、平成25年10月1日です。

一番有名なのは新築住宅の契約でしょうか。
指定日の前日まで(25年9月30日)までに契約していれば、
建物の完成・引渡が26年4月1日以降になっても消費税は5%でOK、というもの。

こういった例が他にいくつかあるのですが、
雑誌などの定期購読もそのひとつ。

平成25年9月30日までに定期購読の契約をし、
平成26年3月31日までにその料金の全部または一部を支払っている場合には、
平成26年4月1日以降に発行される雑誌についても消費税は5%なのです。
※デジタル版は対象外。

わたしは毎月税金系の雑誌を買っていますが、これが高い。
月刊誌が1冊2000円以上します。
もっと安く買いたい。

そこで何社かネットでの定期購読契約申込を調べてみました。

・月刊○理・・・3年間の定期購読申込みが可能。年数が長いと割引あり。
・○務広報・・・2年間の定期購読申込が可能。こちらも年数が長いと割引あり。
・○経通信・・・1年間の定期購読申込のみ。
・週刊○務通信・・・1年間の定期購読申込のみ。ただし、平成26年3月31日までに申込があったものは税率5%時の税込年間購読料とし、
平成26年4月1日以後に申込があったものは新税率8%に基づく税込年間購読料とする旨を表明。

共通するのは、どこも指定日前の契約について特に何も言ってないという点でしょうか。
誌面には税金のことばかり書いているのに。。。

上記に挙げた定期購読契約はいずれも最初に一括払いするものなので、
おそらく、「平成26年3月31日までに申込があったものは税率5%時の税込年間購読料」とするパターンが多いのではと推測。

定期購読契約でも支払いは毎月のものがありますので、
そういうもので、平成25年10月1日以降に契約したものは、平成26年4月1日以降発行分はきっちり8%で売ることになるのかな。
単純に価格転嫁すれば。

こういった消費税の経過措置について、住宅メーカーは強気で売りに出るのに
出版社は特に目立った行動を取りませんね。

住宅のように1度きりの買い物ではないから慎重なのでしょうか。
新聞や雑誌は税込でキリの良い価格のものが多いし。

古本カフェ隣のおしゃれパン屋 カスクルート

2013年9月25日

8月の終わりごろに、火星の庭の隣にあるカスクルートへ行ってきました。

”火星の庭”は古本カフェの店名でして、
仙台の定禅寺通りにあります。
こちらのカフェには何回か足を運んでいて、隣がパン屋さんだなーと気にしていたのです。
たいてい日曜日に火星の庭へ行っていたので、
日・祝休みのカスクルートは閉まっていたのですけれども、ついに、ようやく。
カスクルート 外観
お店に着いたのが午後の3時くらいだったので、ちょっと商品が品薄になってました。

カスクルート 食パン
カスクルート エピクロ
・全粒粉食パン(ハーフ) 160円
・マスタードベーコンのエピ 250円?
・チョコクリームクロワッサン 240円?

エピはハニーマスタードとベーコンの組み合わせが非常に良かったです。

そしてインパクトがあったのがチョコクリームクロワッサン(名前がチョコクリームデニッシュだったかも)。
クリームがたっぷり入っています。
しかも生チョコみたいにしっかりした濃厚なチョコレートクリーム。
外のクロワッサンはちゃんとサクッとしていて。
いやはや満足度高いですな。

こちらのお店には「ウィンナーコーヒー」という名前のパンもあるらしいです。
珈琲も好きな私は、名前だけでハートを鷲掴みされてしまいます。
次こそは。

今年もそろそろ厚生年金が上がります

2013年9月20日

税金ではないですが、今回は年金について。

サラリーマンの皆さま、今年もそろそろ厚生年金がアップする時期がやってきました。

厚生年金保険料は、平成17年以降は毎年9月に引き上げられ、
平成29年9月からは固定されることとなっています。
今のところ。

というわけで、今年も0.354%(坑内員・船員は0.248%)引き上げられました。
厚生年金は、会社と折半しますので、個人負担の実質は0.177%(0.124%)アップとなりましょうか。

9月分の厚生年金保険料は、基本的に10月に支払われる給与から天引きされます。
なので来月の給与明細を見ると「あっ」となるかもしれませんね。

さらに定時決定による増減も同時なので手取り金額が思ったより変わっているかもしれません。

定時決定とは4月から6月の給与金額を基に行う、
厚生年金の等級(標準報酬月額)の改定です。

4月から6月の給与が、たまたま多かった場合は高い等級にランク付けされてしまい、
しばらくの間、高い保険料を払わなくてはなりません。
だから4月から6月は残業をすると損だと言われるのです(残業代がきちんと出る会社は…)。

ちなみにこの改定、給与計算をする側は結構大変なのです。
もともと給与計算はかなり神経を使いますが、さらにすり減らして等級をチェックしていくわけです。

というわけで、もし違っていても経理の方を責めてはいけません。
次の支払で調整してもらいましょう。
そうしましょうよ。
うんうん。

まあ、そんなわけで、厚生年金が上がりますが、
国民年金の方も平成29年度まで毎年280円ずつ引き上げられることになってますので。

どっちもどっちですよね。

シライシパンは東北のスーパーで買おう

2013年9月18日

どうもこんばんは。さいきん東北に住み始めた愛パン家です。

東北には白石食品工業という岩手県に本社がある製パン会社がありまして、
その商品である『シライシパン』のロゴの付いた様々なパンがスーパーなどで売っています。
このマークですね。
シライシパン 商標
スーパーの棚で、山崎パンやフジパンなどと肩を並べてべているのです。

そこで2種類ほど買ってみました。
どちらも西友で98円ほどでした。
シライシパン バジルトマト
 ・バジル&トマト
ピザパンみたいなものです。
バジル風味はうっすら?
こういったパンチの弱さ、好きです。

シライシパン タルト
 ・ミルクティーチーズケーキタルト

袋を開けて上から見るとこんな感じ。直径8㎝くらいかなあ。
シライシパン タルト上面
しっとりどっしりしています。
チーズ感は薄いものの、ほんのり紅茶の風味がよい感じ。
このケーキタルトシリーズは人気なのか、取り扱っているお店が多いですね(うちの近所は)。

他にもシライシパンではちょっと変わったパンを出しているので順次トライしていきましょう。

非上場株式の価値を下げる一つの手

2013年9月17日

この前受けたセミナーが面白かったのでその一部を少し。

亡くなった故人が会社を営んでいた場合などは、非上場株式を相続することがあります。

非上場株式というのは、上場してない会社の株でして、
相続税の申告をする際、これの財産価値を評価するのは結構面倒なのです。

自分とその親族等が、その会社の株のほとんどを持っている場合は、
たいてい『類似業種比準価額方式』か『純資産価額方式』、あるいは両方を併用した方法により評価します。

『類似業種比準価額方式』とは、その会社がもし上場したら、、、と考えて評価する方法。
一方『純資産価額方式』は、その会社が解散して会社の財産を株主に分配するとしたら、、、と考えて評価する方法。

ちなみに株を少数しか持っていない場合は『配当還元評価方式』という
その会社から受けられる配当金額を元に計算します。

ここで、『類似業種比準価額方式』ですが、その名の通り、上場している類似業種の数字が計算要素となります。
この計算要素については国税庁で公表されており、
配当金額、利益金額、簿価純資産価額、株価が一覧になっています。

一番影響が大きい要素は”株価”です。
もちろん必ずしもそうとは限りませんが。

業種目別株価等を見てみるとわかりますが、業種によって金額に差があります。
広告業なんかは700円前後だから高いですね。
卸売業は100円から200円くらいですので低い方と言われています。

いざ評価するときは、その会社の業種に当てはまる業種目の欄から数字を持ってくるわけですけれども、
違う業種を兼業しているときは基本的に総取引金額に対する割合が50%超の業種で当てはめます。

実はここに節税できるポイントがあります。
ようは業種目別株価等の金額が低い業種の売上をあげるか、
業種目別株価等の高い業種の売上を押さえれば良いわけです。
そうして非上場株の評価を下げて相続税も下げる、と。

まあ、兼業している業種の売上が均衡している場合とかじゃないと使えないですが。
タイミングもありますしね。

そのほかにも業種目の当てはめには様々複雑な判定がありますので、
ここは専門家の頑張りどころかもしれません。

憧れのDEAN&DELUCA

2013年9月10日

仙台へ来て早3ヶ月が経ちましたが、
都内にいるうちに一度行っておかなくてはと、
引っ越し前に新宿ルミネのDEAN&DELUCAへ行っていたのでした。

DEAN&DELUCAは食のセレクトショップ。
私にとってはスコーンが旨い店であります。
あのアメリカンなオシャレショップはときめきますよね。あこがれますよね。
でもあの有名なトートバックは持ってないですよ。

値段が少し高いうえに、カロリーも高そうで中々買えないデルーカ。
でもルミネの商品券が私の背中を押してくれました。

DEAN&DELUCA
・ジャガイモのフォカッチャ 231円
・クラッシュチョコマフィン 336円
・ホームメイドスコーン 252円
・シナモンルゲラークッキー 210円

どれもコーヒーがすすみます。
期待通り。
裏切りません、アメリカンスイーツ。

クッキーが入ったマフィンとか、危険極まりないわー。
中毒にならないよう気をつけなくちゃ。

祝儀は収益

2013年9月9日

会社の創業記念や○周年記念などでパーティーを開くと、
招待客からお祝い金をいただくことがありますね。

事業関連でもらったお金は必ず収益に計上しなければなりません。

勘定科目は「雑収入」で計上することが多いでしょう。

現金ではなく商品券をもらったときも同様です。

仕訳で書くと、

 商品券/雑収入 10,000円

という感じでしょうか。

まあでも、商品券は現金同様に使えるので、
現金が増えたとして簡略的に処理することが多いです。

 現金/雑収入 10,000円

この場合、帳簿上の”現金”には商品券が混ざることになるので、
本当の現金がいくらで、商品券がいくらか、内訳を管理しておいた方がよいですね。

商品券が含まれていることを知らない別の経理の人とかが見ると、
「現金が足りない!」と焦ることになりますので。

ゼルコーバグリムの焼カレーパン

2013年9月6日

仙台定禅寺通りにあるゼルコーバグリム(ZELKOVA)というパン屋さんへ行ってきました。
東京にも”ゼルコバ”という名前のパン屋さんがありますが、そことは関係ないようです。

ゼルコーバグリム外観

このお店は、
福島にある(株)キャンデーヤパン店という会社がやっているパン屋ブランドのひとつのようであります。
他にも和菓子やケーキも作っている会社らしい。

ゼルコーバの店内にも和菓子やケーキがあったのはそのせいですね。

お店は勾当台公園駅から近く便利な場所にあります。

ゼルコーバグリム
・バナナケーキ(前日のものだったので半額) 120円
・ピーナッツフランス 130円
・牛肉カレーの焼カレーパン 180円
  ※名前はうろ覚えです。すみません。

焼カレーパンは美味しかったです。カレーが好みの味でした。
夏だからなのか他にもいろんな種類のカレーパンがありましたよ。

他のは普通かなあ。
(前日のだからか?)

次に行ったときはカレー攻めにしようかしら。
秋になってもあのカレーパンたちはいるかしら。

ちなみに”ゼルコバ”というのは、ロシア語で欅(ケヤキ)という意味だそう。

最高裁の判決で変わる相続の常識 

2013年9月5日

昨日、最高裁がすごい判定を下した。

以前このブログでも、
愛人の子供など(非嫡出子)は、正式な婚姻関係の間に生まれた子(嫡出子)の2分の1が法律上の相続分、という話をしました。

これは民法に規定されていましたが、
違憲であるとの判断を最高裁がしたのです。
しかも裁判官14人全員一致で。

つまり、結婚した夫婦の間に生まれた子も、愛人の子も、事実婚カップルの子も、相続分は同じとなったのです。
(もちろん正式な婚姻関係がなければ、男性側は子どもを認知する必要があります)

そもそもこの件について東京と和歌山で裁判がされていたことが発端のようであります。

今回の判定を受けて民法も改正されるようですが、
最高裁の判例は、事実上の法的拘束力があるので、
民法改正前でも今後発生する事例には適用されることになるとか。

こういった税金の常識を大きく覆すような判定は衝撃がはかり知れません。
明日申告期限だ、という人はかなりびびったのでは。
税理士の中でもクライアントの相続税の再計算を始めているところが多いのではないでしょうか。

今回の判決の前に完了している相続には適用がないので過去を蒸し返すことはなさそうですけれども。。。

たしかに、子供側からすれば自分が嫡出子かどうかなんて選べないしなあ。