月別アーカイブ: 2013年7月

仙台ベーグルキング BAGEL U(ベーグルユー)

2013年7月31日

仙台に住み始めてちょうど2ヶ月が経とうとしています。
いまだ梅雨明けしておりません。

じつは仙台に引越す前から目をつけていたベーグル屋さんがありまして
(まあ他のパン屋もいっぱい目をつけていたんですけど)、
先日雨がやんだ隙を狙って昼休みに自転車を走らせ行ってまいりました。

仙台パンランキングTOP3に入るパン屋、BAGEL U であります。
最寄駅は地下鉄の富沢になります。

小さなお店ですが、ベーグルを中心としてたくさんのパンが並んでおりました。
bagle u
右奥から時計回りに、
・プレーンベーグル 136円
・キャラメルパンプキンベーグル 189円
・エビチリメルト 210円
・タンドリーチキンサンド 220円

ここのベーグルは、フカッとモチッとしています。
サンドが220円とは素敵です。
値段は大事。

タンドリーチキンサンドにはチキンとクリームチーズが挟んであるのですが、ひじょーに合う。うまい。
お腹にたまります。

また、エビチリメルトもお腹にたまる一品です。
マフィンの間にたっぷりのポテトサラダ、エビチリ、チーズが入っていました。

でも”メルト”ってなんでしょうね?

この他にもメルトシリーズが何種かありましたので、
いろいろ食べてみて”メルト”を解明するしかないですね。
これはしょうがないですね。

プレーンもキャラメルパンプキンも間違いない美味さですが、
このお店は変わり種もけっこうあるみたいなので
次回はそちらの方から攻めていくとしましょう。

犬神家の相続対策

2013年7月30日

今日も引き続き犬神家について考えてみましょう(勝手に)。

犬神佐兵衛さんは、赤の他人である珠世さんに全財産を譲りたかったようです。
面倒な条件は付いてますが。

珠世さんが財産を相続した場合、
法定相続人である佐兵衛さんの3人の娘から命を狙われるより先に
遺留分の減殺請求をされる可能性があります。

財産が現金なら良いですが、
犬神家の財産は三種の家宝やら事業やら、分けにくく換金しづらいものが多そうです。

分けられない財産は、基本的には共有で所有することになります。
持分は珠世が1/2、
3人の娘がそれぞれ1/6です。

ところが共有財産というのは管理が面倒です。
何をするにも共有所有者の全員に確認して配分しなければなりません。
3人の娘はねちっこそうですから、珠世さんはたまったものではありません。

こういった場合、財産を共有所有する代わりに、
現金でその財産の持ち分を支払う方法もありますけれども、
相続財産に現金がほとんど無ければ借金をして支払う等になります。

珠世さんの悩みは尽きません。

やはり死んでからでは対策できないのが相続です。

佐兵衛さんの相続対策として、
 ・生前にできるだけ不動産や株などは売却し現金化しておく。
 ・生前に3人の娘にある程度贈与して、遺留分の放棄をしてもらう。
などが挙げられると思います。

遺留分放棄がされていれば、
佐兵衛さんの遺言どおり珠世さんが財産相続しても、
3人の娘から遺留分の減殺請求をされることはありません。

遺留分放棄は家庭裁判所の許可が必要です。
許可を得るための申立ては、もちろん遺留分の権利を持つ3人の娘の意思によるものではなりませんから、
佐兵衛さんが生前頑張って娘たちを説得するべきでした。

他にいい相続対策が思いついたらまた書きます。

『犬神家の一族』、テレビでやらないかなー。

犬神家の遺留分

2013年7月29日

壇蜜さんが表紙の「終活読本ソナエ」をこの前立ち読みしました。
面白かったから買おうかなあ。

何が面白かったかというと、犬神家を例にした相続の話です。
金田一耕助シリーズの中でも有名な『犬神家の一族』。

財界の大物であった犬神佐兵衛が残した遺言により、
莫大な遺産をめぐって一族の相続争いが起こり殺人事件が、、、というような話ですね。。

犬神佐兵衛(いぬがみさへえ)は正妻を持たなかったそうですから、
登場する3人の娘は佐兵衛さんの愛人か妾の子供であって、認知はしていたのでしょう。

もう一人、愛人の子供(静馬)の存在がありますが、こちらは認知されていたかちょっとわかりませんね。
いちおう認知してなかったとして続きを考えます。

愛人の子供が認知されていない場合、相続人に該当しませんので、法定相続分(法律上の相続分)はゼロです。

認知されていれば、正式な婚姻関係のもとに生まれた子供(嫡出子)の1/2が法定相続分です。

佐兵衛さんは奥さんもいませんし、子供に嫡出子はいませんから、
法定相続人は3人の娘のみ。
法定相続分はそれぞれ1/3ずつになります。

静馬はゼロですね。

しかし、犬神佐兵衛には3人の娘がいたのにもかかわらず、遺言書では彼女たちに相続させる旨を全く書いていなかった。
その代わり、赤の他人である恩人の娘(珠世)に条件付きでほとんどの財産を譲るような内容でした(条件付き遺贈ですね)。

このように、法律上の相続人が、法律により相続できる分を第三者に取られてしまった場合は、遺留分の減殺請求というのができます。
犬神家の3人の娘の場合、請求できるのは本来の取り分の1/2ですから、それぞれ1/6となります。

だから骨肉の争いをせずに、遺留分の減殺請求しておけばよかったんじゃ?
1/6でも相当の額だったろうに。
ていうのが雑誌の話だったかと思います。
違っていたらごめんなさい。

それにしてもこの遺言書、争えと言わんばかりの内容です。
犬神家の血を絶やしたくなかった、というのは汲み取れるものの。。。
珠世さんもさっさと相続放棄すればよかったんじゃ?誰かに止められたんだっけ?
あとは、事前に遺留分放棄させておくとか。。。

遺留分放棄についてはまた次回に。

世界一の朝食から始まる 鎌倉パン屋ルート

2013年7月27日

先週、鎌倉に行ってきました。
もちろんパンを買いに。

じゃあ、近いからbillsも行っときましょうという素晴らしい提案の元、
今回の旅は世界一の朝食で有名な七里ガ浜のbillsモーニングからスタートしました。
bills
海を眺めながらテラス席でリコッタチーズパンケーキ1,400円とフルオージーブレックファースト1,800円をいただきました。
贅沢!!

それでは今回のルートです↓
 9:40 七里ガ浜駅集合。幸いにも並ばずしてbills入店。
 11:40 江ノ電で鎌倉へ移動
 12:20 鎌倉駅から歩いて20分くらいのところにある自然派もっちりパン屋さん、カマクラ24セッキでもっちりパンを買う
 12:40 駅前に戻り、鎌倉利々庵で小ぶりなおしゃれパンを買う(種類が豊富)
 12:50 スコーン専門店のダイヤモンドケークスでおしゃべり上手な店員さんに接しつつスコーンを買う(500円もしたマリーアントワネットという名前のスコーンはとっても美味しかったです)
 13:10 ダイヤモンドケークスで教えてもらったラフォレ・エ・ラターブルでイケメンシェフのハード系パンを買う(近所の方がよく買いに来られているようでした)
 13:30 みゆきパンへ行こうとするが残念ながら休業日
 13:40 鎌倉パンの代名詞、キビヤベーカリーで硬くてうまいパンを買う
 14:30 ドイツパンのベーカリーカフェ、ベルクフェルドでエクレアを食べつつお茶休憩。友人たまちゃんとお互い貸そうとしていた本(木皿泉)が被る。その後ドイツっぽいパンを買う。ドイツ菓子も買うお客さんで賑わってました。
 16:20 鎌倉駅に戻り解散。
 

より大きな地図で 鎌倉パン屋ルート を表示

えっと、写真がほとんどありません。。。

こちらはキビヤベーカリーのベーコンパンとホワイトチョコ入りのスコーン
キビヤベーカリー
どちらも硬くてうまかったです。麦のつぶつぶ感がとっても香ばしい!ざっくざく。

鎌倉に行ったくせに、一切お寺や神社に行きませんでした。

だって鎌倉はハイランクなパン屋が密集しているのです。

観光地はパン屋が集まる傾向があるのかなー。
文化に興味がなくても食い気があれば楽しめるってことでしょうか。

消費税の旅客運賃等に関する経過措置

2013年7月26日

梅雨の明けない仙台から、3日連続で消費税の話題をお届けします。

2013年4月1日から消費税増税が予定されていますので、
3月31日までは5%、4月1日からは8%です。

では、具体的に何をした日が課税の基準となるかというと、それぞれの取引形態に応じて時期が定められています。

(1) 棚卸資産の販売又は固定資産の譲渡
 ⇒物品を引き渡した日。

(2) 資産の貸付
 ⇒契約や慣習などにより支払日が定められている場合はその定められた支払日。

(3) 役務の提供
 ⇒物の引渡しを要する請負契約にあっては目的物の全部を完成して引き渡した日、
  物の引渡しを要しない請負契約にあってはその約した役務の全部の提供を完了した日、
  請負を除く人的役務の提供の時期は、原則としてその人的役務の提供を完了した日。

  ※上記はあくまで原則的な取り扱いです。

しかしながら、税率が変わる際に、上記の取り扱いではそぐわないタイプの取引について経過措置がもうけられました。
その一つが「旅客運賃等に関する経過措置」です。
適用対象範囲はこちら
↓↓↓
 ① 汽車、電車、乗合自動車、船舶又は航空機に係る旅客運賃(料金を含む。)
 ② 映画、演劇、演芸、音楽、スポーツ又は見せ物を不特定かつ多数の者に見せ、又は聴かせる場所への入場料金
 ③ 競馬場、競輪場、小型自動車競走場又はモーターボート競走場への入場料金
 ④ 美術館、遊園地、動物園、博覧会の会場その他不特定かつ多数の者が入場する施設又
は場所でこれらに類するものへの入場料金

これらの料金等は前売りを行うのが一般的であるため、
2013年3月31日までに料金を領収している場合には
入場等が2013年4月1日以降でも、5%の税率が適用されます。

じゃあ前もって買っておいたほうが得じゃん!
、、、と一瞬思いましたが、
電車賃とか、すぐに上がるんですかね?
映画とかも1,800円から1,850円くらいになったりするのかな?
この適用対象の取引は、そんなにすぐに値上げできないようなものが多いような。。。
(どちらかというと売り手側に配慮した措置なのかな)

むしろ消費税率10%が予定されている2015年10月1日に向けて、徐々に値上げしていくのかしらどうなのかしら。。。

今後注意して見ていきたいと思います。

まあ、日用品とかは税率上がる前に買いだめしますよねー。

消費税の表示方法

2013年7月25日

価格の表示が、消費税を含めた総額表示へ義務付けられたのは10年ほど前でしょうか。
あのころは中国茶喫茶で働いていて、レジの金額設定を変更するのが大変だったなあ。。。

そんな消費税の総額表示義務については、消費税法63条に規定されているわけですが、
今後5%→8%、さらに8%→10%に税率変更が予定されているため、この総額表示義務が緩和されました。

それを定めた法律の名前が、
『消費税の円滑かつ適正な転嫁の確保のための消費税の転嫁を阻害する行為の是正等に関する特別措置法』
、通称『転嫁対策特別措置法』です。まだ長い名前。

総額表示の緩和については第10条に書いてあります。

これによれば、総額表示でなくてもかまいませんよということになります。
つまりは外税表示もOKなわけです。

外税表示とは、
 ・1,000円(税抜)
 ・1,000円+税
 ・1,000円+80円(税)
とかですね。

消費者に誤解を招かないように表示しなければなりません。

ところで、この緩和措置の規定、平成25年10月1日から平成29年3月31日までの期間しか効力がないのです。

よって移行期だけは緩和するけど、原則は総額表示なので、また徐々に戻すよう努めることが必要とされています。

数日前の新聞で、日本チェーンストア協会が外税表示を基本方針とすることを明らかにした、という内容の記事がありました。
業界団体で方針を決めるところもあるんですね。
こうやって方針決めてくれた方が迷わずに済むこともありそう。

いちおうの緩和措置で値札を一気に変える煩雑さは多少減ったものの、それでも手間は多いでしょう。
なんとか乗り切りたいものです。

消費税の指定日が絡む取引

2013年7月24日

2014年4月1日から消費税の増税が予定されています。
まだいちおう確定ではないですけれども、
この前の参院選では自民党の圧勝だったわけで、ほぼ確定といえるのではないでしょうか。

最終的には、秋に安倍首相が経済状況を元に施行するか判決を下すわけですね。

さて、施行日(消費税が5%から8%に変更される日)とされているのは2014年4月1日ですが、
その前に、指定日というのがあります。

指定日は2013年10月1日です。
この指定日から施行日へまたぐ取引については、特例(経過措置)が設けられていてるものがあります。

2014年4月1日以降も消費税が8%ではなく、5%の税率が継続されるのです。
そんな取引と簡単な条件はこちら
↓↓↓
1.請負工事等(住宅の建築、映画の制作、ソフトウェア開発なども含む)
指定日の前日までに契約、施行日後に引渡した場合

2.資産の貸付(建物の賃貸、リース契約など)
指定日前日までに契約、施行日後も貸付けを継続している場合

3.指定役務の提供(冠婚葬祭の施設提供など)
指定日前日までに契約、代金が分割払い、施行日後に役務提供

4.予約販売等の書籍(定期購読)
指定日前に金額等の条件提示、施行日までに代金受領、施行日後に販売

5.通信販売
指定日前に金額等の条件提示、施行日までに申込受付、施行日後に商品販売

6.有料老人ホーム(終身入居契約)
指定日前日までに契約、施行日前から施行日以後引き続き介護役務提供

—————————————
3%分も金額が違うわけですから、高い買い物をする場合は要注意です。

10月1日なんて、お盆が終わったらすぐにやってきます。

この規定は前回の消費税増税時(3%→5%)にもあったので、ご存知の方もけっこういるのかもしれません。
これを初めて知った時、すごくびっくりしましたが、あまり騒がれないのは以前にもあったからなのかしら。

安倍首相の最終判決が出るのは指定日の前か後か、どちらでしょうか。

とりあえず私は、税務雑誌の定期購読は手を打っておこうと思います。

債権と見られない額

2013年7月8日

最近、消費税や相続税が騒がしいですけれども、法人税について思い出したのでここでひとつ。

結構前ですが、クライアントが金融機関から融資を受ける際に、
銀行員の方から『実質的に債権と見られない額』について質問を受けたのです。

ここでまず、貸倒引当金についてお話します(詳しい方は「一括貸倒引当金」の方のイメージで)。

貸倒引当金とは、回収不能の恐れがある売掛金などの債権について、その損失金額を合理的に見積もり、費用として計上するものです。
(貸倒引当金の計上は平成24年4月1日開始事業年度以降、原則計上廃止されましたが
中小企業等についてはいままでどおりの計上が認められています。)

税金を計算する場合には、貸倒引当金の費用計上が認められる限度額が決められているので、
税務署に提出する申告書にその限度額の計算明細を添付する必要があります。

その明細に、『実質的に債権と見られない額』の記載があるのです。

『実質的に債権と見られない額』とは、一つの取引先について債権と債務が両方ある場合の相殺できる金額のこと。
たとえばA社に対して売掛金100と買掛金40が期末に残っていたら、
A社が倒産しそうでも、40は買掛金と相殺してチャラにできますから、
貸倒の心配があるのは60のみとなります。

この40が『実質的に債権と見られない額』です。
絶対貸倒しない金額とも言えます。
だからこの金額は除いて貸倒引当金は計算します。

申告書の明細でそれを見た銀行員(おそらく新人)が、
「『実質的に債権と見られない額』は不良債権ではないんですか?こんなにあるんですか?」
という感じで聞いてきたのです(腰は低い感じでしたけれども)。

「んなわけないだろ!」

とは言いませんでした。はい。

たしかに字面だけ見ればそう思うのもうなずけます。
けれどもこれを不良債権だと思われて融資が通らなかったら大変です(そんなことはないと思いますけど)。

というわけで、銀行が不良債権をとーぜんながらひじょーに気にしているということはよくわかりました。

貸倒引当金を試算表に計上している会社は、融資を受ける前に確認しておくとよいのではないでしょうか。
変な疑いをかけられないように。

仙台トップパン屋 富沢オ フルニル デュ ボワ

2013年7月5日

ああもう7月でした。

そう、あれは6月のはじめごろ、仙台に引越す前から目をつけていたパン屋、オ・フルニル・デュ・ボワに行ってまいりました。
我が家から徒歩30分のところに、宮城県パン屋の食べログランキング1位のお店があるのです!
仙台に来たかいがあったぜ。

旧国道沿いを歩き続け疲れ果てたころに(徒歩30分は結構疲れる)、とつぜん緑の繁る場所が現れたと思うと、そこがフルニルだったのです。
フルニル外観
最初に思ったのは、「(東京の立川の)ゼルコバに似てる。。。」でした。
森の中のロッジ風工房といいますか。雰囲気最高ですね。はい。

店内にはイートインの席もあり、500円以上(?)購入するとセルフサービスのコーヒーか紅茶が飲めます。
フルニル パン
購入したキッシュとクロックムッシュを温めていただき紅茶と共に食してきました。
旦那さんが食べたクロックムッシュは酸味のあるハード系のパンがもっちりボリューミー。
一方キッシュはしっとーり。玉ねぎの甘みが印象に残ってます。

11時過ぎに行ったのですが、奥でサンドイッチをちょうど作っているところでした。
あれが並ぶのは11時半くらいからでしょうか。
カレーのランチセットもあるみたいなので次はそれにしようかなあとか。

楽しみがまだまだあります。
そのうちまた行くでしょう。
そのときには値段もちゃんと覚えてきます。