月別アーカイブ: 2013年5月

納税証明書と納税証明願

2013年5月15日

今朝は京浜東北線が運転見合わせになったため、バスと地下鉄3本を乗り継いで出勤しました。
最近は振替乗車券なしでも定期券見せるだけで振替乗車できるんですね。
スムーズなんだけど、ちょっと物足りない気がするのはなぜ。

さて、電車にも『遅延証明書』があるように、税金にも『納税証明書』というものがあります。
こじつけています。

税金の滞納がないか確認するため、借入をする際などに提出を求められることがありますね。
もちろん税務署で交付手続きをすれば発行してくれます。
法人税、申告所得税、消費税の納付についてのみです。

このほかに会社・個人事業主が納付する国の税金といえば源泉所得税です。
給与等を支払うときに天引きするアレです。

しかしながら、源泉所得税については原則、『納税証明書』はありません。
(税務署からの通知により納付した場合は発行できるそうです)

源泉所得税というのは、他人(給与だったら従業員)の税金を納めているわけで、自分の税金じゃないし、
そもそも天引きした相手に源泉徴収票や支払調書を渡すので、それで充分ともいえます。

ところが、非居住者(外国人や外国法人)の場合は話が違います。
日本語オンリーの支払調書では不十分なのです。

日本で天引きされた源泉所得税は、本国で自分の所得申告をする際に納税額から差し引くことができます。
これが外国税額控除という制度です。
この制度を受けるために、日本で天引きされた源泉所得税の証明書が必要になることがあるようです。
けれど、源泉所得税には『納税証明書』の発行はない。
じゃあどうするか。。。

名前は少し違いますが、『納税証明願』なる書類があるのです。
納税証明願
これは天引きした側が、記載し、ハンコを押して、税務署へ提出します。
ちなみに、用紙の真ん中に【区分】という欄がありますが、
上段の[本税]に円建ての金額、下段の[Tax]に外貨建ての金額を書きます。
下の方の支払先住所等は、非居住者の住所や名前を書きます。
証明の発行には1週間くらいかかるようです。

こんな書類、最近はじめて知りました。

ちゃんとした証明がないと、なかなか信用してくれないものねー。

セイウチ

温泉パンの温泉パン(くるみ)

2013年5月10日

お土産で栃木の喜連川名物、温泉パン(くるみ)をいただきました。
温泉パン パッケージ
ありがとうございます。

私が頂戴したときには、賞味期限に20日後の日付が記載されていました。
日持ちが長い!
珍しい。

このパンを作っている会社は「あさひ堂」という社名を、株式会社化した平成23年に「温泉パン」とされたそうです。
いいですね。わかりやすいですね。

この商品名の『温泉パン』、温泉を使って生成しているからではなくて、町の事業で温泉が湧き出た記念に名付けられたそうです。
いいですね。わかりにくいですけども。

温泉パン 上
温泉パン 断面
パン生地はけっこうしっかりしていて、味はほんのり甘い。
甘食とコッペパンの中間くらいでしょうか。
さっくりした食感がスティックパンにも近い気がします。丸めるとこんな感じになるのかなあ。。。

直営店には様々な種類の温泉パンがあると教えていただきました。
違う味を試すのが楽しみです(行く気)。

書類の保存期間

2013年5月8日

GWが終わりました。
たくさんのものを売ったり捨てたりしました。
意外にも高く売れて満足。

さて、部屋の片づけなどをしていると、
「この書類は取っておかないといけないのか?」と思うことがあります。

書類の保存期間は、その書類の種類ごとに定める法律が異なります。
会社法、労働基準法などなど。

税務関係の書類はだいたい7年です。

保存した書類が必要となる場面といえば、やはり税務調査。
保存していないと青色申告が取り消されて青色特典が使えなくなったり、推計で税金計算されたりしてしまうこともあると考えられます。

法人の場合、欠損金の繰越控除が7年から9年に延長されたため、帳簿書類の保存期間も9年必要になってしまいました。長い。

個人事業主については、今まで白色申告かつ不動産所得・事業所得・山林所得の合計が300万以下の場合は帳簿の記録・保存の対象外でした。
しかしながら、平成26年1月から不動産所得・事業所得・山林所得の業務を行う全ての方(赤字の人も)が帳簿の記録・保存の対象となったのです。
26.1記帳保存拡大
基本となる帳簿はやはり7年保存が必要です。

保存方法は原則 
スキャン保存等は税務署長の承認を受けなくてはなりません。

サラリーマンの方でも、ローンを組むときには過去3年分の源泉徴収票の提出が求められることがあるし、
不動産等の購入書類は売却の際に必要になります。

全然ときめかなくても捨てられないものはある。
書類を処分するときは気をつけましょう。