月別アーカイブ: 2013年2月

初めてのe-tax 申告の流れ

2013年2月24日

今年はついに確定申告をe-taxでやりました。
前々からやりたいと思っていた、いや、やっていないことに何故か後ろめたさを感じていたのですが、
e-taxの税額控除が平成24年分までだからと気づき、1月から準備を開始。

平成24年分の申告まではe-taxで行うと、最初の1回は税額控除(平成24年については3,000円)が受けられます(平成25年分からは控除なし)。

ところが、実際にe-taxをするには
・ICカードリーダライタの購入(2,000円前後。ピンキリ)
・住民基本台帳カードの入手(500円)
・電子証明書の発行(500円)
と出費があるのです。
だから3000円控除があっても、プラマイゼロというとこでしょうか。

ICカードリーダライタはネットでも買えます。
私はジェムアルト社製 1,652円のものを買いました。
決め手は値段と口コミ。
※自分のPC・市区町村に適したカードリーダライタは公的個人認証サービスポータルサイトで確認できます。

住民基本台帳カードも電子証明書も、本人が身分証明書とハンコ持って役所に出向けば基本即日発効できます。
ただし、私は仕事後の午後7時過ぎに市役所に行ったら
「住民基本台帳カードは作れるんですけど電子証明書の受付は午後6時までなんですよ」
と職員の方に申し訳なさそうに言われ、
カードだけ先に作って電子証明書の発行は後日改めて行いました。
この受付時間は役所ごとに違うようです。あらかじめ役所に確認したほうが無駄足をせずに済みそうです。

また、電子証明書の有効期間は3年間ですので3年に1回は500円を払うことになります。
3年間の郵送料や交通費などを考えればまあトントン。。。
でも引越などで住所が変わったりした場合も失効してしまうので、そのたびに500円。。。

そんな感じで必要なものが揃ったら国税庁のe-taxのサイトへ。
流れとしては、
0.事前準備セットアップ
1.トップ画面(作成開始⇒e-taxか書面提出かの選択)
2.事前準備
3.申告書等の作成
4.申告書等の送信・印刷
5.送信・印刷後の確認事項
6.終了

という画面の順序になっています。

0.事前準備セットアップ
まずは確定申告書作成コーナーの「事前準備セットアップ」を先に済ませます。
「事前準備セットアップ」には公的個人認証サービス利用者のクライアントソフトのインストールが含まれていますので、
カードリーダライタがちゃんと動くか不安な方は、セットアップ後に自分の電子証明書を表示してみましょう。先程の公的個人認証サービスポータルサイトに「利用者クライアントソフトの利用方法」が載っています。

1.トップ画面
ここから作成開始です。「e-tax」を選択します。
※「書面提出」とは、最終的に紙に印刷したものを税務署に提出する場合に選択します。これは3,000円控除はありません。

2.事前準備 で、
開始届出の作成(氏名や住所などの入力)、
利用者識別番号の取得、
電子証明書の登録、
と進むわけですが、私は電子証明書の登録がうまくいきませんでした(利用者識別番号の取得まではできた)。
もう一度トップ画面に戻って利用者識別番号の入力をして行いましたが、該当する情報がないと表示されてしまい
【「情報検索」を行わず、申告書等の作成を開始する。】を選択して進むことに。

3.申告書等の作成
源泉徴収票やらその他の資料の内容を入力していきます。

4.申告書等の送信・印刷
税務署に送信する前に、申告書をプレビューで確認します。
その次に、ここで再度利用者識別番号や電子証明書を登録する画面がありました。
今度は電子証明書の登録も無事完了。
そして暗証番号を入れて、いざ送信。

5.送信・印刷後の確認事項
税務署に送信した申告書を印刷・保存します。

6.終了
おつかれさまでした!

という風に、私と同じように2.の段階で失敗した方もご安心ください。
申告は無事終了しました。

初めてなのでかなーりひやひやしました。
時間と心に余裕のあるときにトライされることをお勧めします。

南浦和プティリッシュとケイヨコヤマ

2013年2月19日

南浦和のことを「なうら」って地元の人は呼ぶんだよと教えてもらってから10年以上経過しますが、
真相を確かめられないままでいます。
1月某日、南浦和のパン屋に行ってきました。

まずはBoulangerie K YOKOYAMA(ブーランジュリーケイヨコヤマ)へ。
駅から15分くらい歩きます。きれいな団地ビューを抜けたあたりにあります。
扉が青い。
店内は広いです。
k yokoyama gaikan
k yokoyama pan
チキンカツカレーサンド(?) 260円くらい
ブリオッシュモカ 140円
プティパン 40円

きました40円。団地の味方!
本格派ハード系から惣菜・スイーツ系まで種類豊富にあるお店でした。

続いてPetit Riche(プティリッシュ)
こちらは駅から5分くらいだったかと。
小さなお店の中にはオシャレなパンたちが並んでおりました。
注目はコレ↓です。
petit riche kakuni
中には豚の角煮と半熟たまごが入っております。180円。
なぜこんなかわいらしい包装を…

petit riche pan
そのほかに
クロワッサン 150円
プレーンスコーン 130円
レモン風味のふんわりしたパン(名前と金額失念)
を買いました。

値段がお手頃なのもそうなんですが、
惣菜系でぐっと身近に寄り添うのが南浦和のパン屋さんなのでしょうかね。

江古田パン屋ルート

2013年2月9日

昨日はGreat3のライブに行ってきました。
いやあもう、ああ楽しかったー。

さてと話を切り替えて。
2013年の新年パン!として1月に江古田パン屋ツアーを開催しました。

江古田周辺のパン屋さんを巡るのは2度目なので、
今回は前回行かなかったお店に行ってみようということに。
それでも、パーラー江古田は外せません。

8:30 江古田駅集合
8:35 パーラー江古田でサンドイッチを食す。
10:30 マザーグース(まちのパン屋さん的な親しみやすいお店)でパンを買う。
10:45 ロクアーチェ(どのパンも大きめで安い)でパンを買う。
11:00 ブーランジェリーアボンリー(最近できた新しいパン屋さん。おしゃれ系)でやっぱりパンを買う。
11:15 東長崎駅前の喫茶店でコーヒー休憩。
12:00 解散
江古田パン屋ルート

パーラー江古田といえば、サンドイッチ全部載せ!
と、意気込んで行きましたら、今は「全部載せ」はなく、3種の具から2種チョイスすると以前の「全部載せ」ができるような形に進化しておりました。
具の選択肢が増えたのですな。
というわけで、具はチキンと舞茸にプラスして季節野菜のグリル。
サンドするパンはリュスティック、ドリンクをはちみつミルク(←ひとにやさしくなれるドリンク)に、
と店長にオーダーしてしばし待つ。
サンド用のパンもいろいろ選べるのですが、ピタパンと全粒粉のレーズンのカンパーニュは朝一番は焼きあがっていないようなのでご注意を。
パーラー江古田 サンド
高さはおよそ10センチ超。
リュスティックの皮はパリパリで香ばしく、中の具はジューシー。
味付けは全く濃くないのですが、素材の味が濃い。
パン友のTちゃん曰く『最後の晩餐に食べたいサンド』であります。

今回のツアーで購入したパンの中では、
ブーランジェリーアボンリーのキャラメルクリームの入ったスコーン(180円くらい)がおいしかったです。
アボンリーさんは、アイデアの効いた目新しいパンが他にもたくさんありました。

新しい発見ができるのは楽しいです。
楽しいことはいいことです。

訴えられたくない消費税

2013年2月3日

税理士がお客様から訴えられる税目は消費税がトップだそうです。
消費税は何かと判定だの届け出だのがあり、さらに改正で再判定しないといけないだの、年々複雑化しているように思います。
さらに26年4月1日から8%に税率が上がるので影響も大きくなる。
ああ恐ろしい。
そんなわけで最近調べていたので以下に消費税チェック項目をアウトプットします。
専門用語だらけなので読まなくていいです。
今後も修正を重ねてうまくまとめたいなあ。
___________________________________
≪第1ステップ≫
【すでに提出済みの届け出はあるか?】
課税事業者選択届出書(輸出業者や設備投資が大きい場合は選択したほうが有利な場合あり)
課税事業者選択不適用届出書
簡易課税制度選択届出書(人件費が多いところ等は選択したほうが有利かも)
簡易課税制度選択不適用届出書
課税期間特例選択・変更届出書(還付をはやく受けたい場合)
課税期間特例選択不適用届出書
課税売上割合に準ずる割合の承認申請書
課税売上割合に準ずる割合の不適用届出書
輸出物品販売場許可申請書
輸出物品販売場廃止届出書

≪第2ステップ≫
【納税義務の判定に伴う届け出の要否確認】
当期を平成25年1月1日~12月31日までの期間として考え、翌期である平成26年の納税義務について考える。基準期間は前々期の平成24年。

・平成24年の課税売上が1000万円超である⇒平成26年は納税義務あり。課税事業者届出書をすみやかに提出。
・平成24年の課税売上が1000万以下だが、平成25年1月-6月(特定期間)の課税売上が1000万円超であり、かつ給与等支払額が1000万円超である⇒平成26年は納税義務あり。課税事業者届出書をすみやかに提出。
・平成24年の課税売上は1000万円以下で、平成25年1月-6月(特定期間)の課税売上が1000万円以下または給与等支払額が1000万円以下⇒平成26年は納税義務なし。
平成26年について課税事業者の選択(第3ステップ)をしない、かつそれまで課税事業者だった場合は「納税義務者でなくなった旨の届出書」をすみやかに提出。

注)個人事業主は譲渡所得などの課税売上を含めることを忘れずに。賃貸用の建物を売却したときとか。

≪第3ステップ≫
【納税義務がない場合に、課税事業者の選択をしたほうが有利か?】
平成26年の納税義務がない場合でも課税事業者を選択したほうが有利かどうかを判定する。
平成25年7月~11月くらいに平成26年以降の設備投資等の予定をクライアントに確認。
下記※に留意して、シュミレーション。
シュミレーションの結果、課税事業者の選択をした場合のほうが有利であれば「課税事業者選択適用届出書」を平成25年12月25日ごろまでに提出。
過去に「簡易課税制度選択届出書」を提出している場合は「簡易課税制度選択不適用届出書」も同時に提出。
(規定通りなら12月31日だが年末は税務署が休みなのでその前に出す)

※平成26年に調整対象固定資産(簡単に言うと100万円以上の固定資産)の取得があれば課税事業者&一般課税を平成28年までの3年間継続。
※平成27年にも調整対象固定資産の取得があれば課税事業者&一般課税を平成29年までの4年間継続。

≪第4ステップ≫
【簡易課税を選択したほうが有利か?】
平成26年の納税義務があり(課税事業者の選択をしている場合を含む)、平成24年の課税売上が5000万円以下なら簡易課税を選択したほうが有利かどうかを判定する。
平成25年7月~11月くらいに平成26年以降の設備投資等の予定をクライアントに確認。
下記※に留意してシュミレーション。
シュミレーションの結果、簡易課税制度を選択したほうが有利&過去に届け出をしていない場合は「簡易課税制度選択届出書」を平成25年12月25日ごろまでに提出。
または、一般課税のほうが有利&過去に簡易課税選択の届け出をしている場合は「簡易課税制度選択不適用届出書」を平成25年12月25日ごろまでに提出。

※簡易課税は選択後2年継続適用
※平成22年4月1日以降に課税事業者の選択をした場合と平成22年4月1日以降の新設法人(資本金1000万円以上)である場合については
平成24・25年に調整対象固定資産の取得をしていたら簡易課税を選択できないことがある

≪第5ステップ≫
【平成26年が一般課税となる場合の注意点】
平成26年の納税義務があり(課税事業者の選択をしている場合を含む)
平成24年の課税売上が5000万円超の場合、または5000万円以下でも簡易課税選択をしてない(簡易課税不適用届を提出した)場合⇒一般課税

平成26年が一般課税となる場合は上記ステップ以外の書類で平成25年中に提出するものはない。

◎平成26年の申告に際しての注意点
・課税売上割合が95%以上かつ課税売上高が5億円以下⇒全額を仕入税額控除
・課税売上割合が95%未満または課税売上高が5億円超⇒仕入税額控除は個別対応方式か一括比例配分方式(届け出不要)。
個別対応方式は区分経理を元帳に記載。
一括比例配分方式は2年継続
交際費の控除対象外消費税を別表15で調整
・さらに課税売上割合が80%未満の場合は繰延消費税額等の調整
・個別対応方式の場合、課税売上割合に準ずる割合の申請をしたほうが有利な場合(土地をたまたま売った場合を含む)⇒平成26年中に「課税売上割合に準ずる割合の適用承認申請書」提出
・個別対応方式の場合、「課税売上割合に準ずる割合の適用承認申請書」提出が以前にされており、その適用を受けるのをやめようとする場合⇒平成26年中に「課税売上割合に準ずる割合の不適用届出書」を提出
__________________________________

さらに平成26年以降はしばし税率が新旧混ざるから大変だぞ。
せめて届け出は全部後出しOKにしてくれないだろうか。

鬼は外ー。福は内ー。