日別アーカイブ: 2013年1月14日

ギターを売ったら確定申告は必要?

2013年1月14日

実はわたくし、なかなかいいギターを持っております。

Gibson-ES335Pro
es335pro

じゃあこれを売ったら、売った分は確定申告する必要があるのでしょうか?

 ⇒答え:たぶん不要。

大前提として、所得税の確定申告は原則、
所得があり、かつ納付する税金が発生する人に義務があります。
また、サラリーマンの場合は年収が2,000万円超の人、
2000万円以下でも給与&退職金以外の所得が20万超の人の場合は確定申告をする義務があります。

それではギターを売った場合はというと。

ギターはわたくしの大事な資産ですので、売った場合は資産を売った(=譲渡した)所得として譲渡所得の区分に入ります。
所得税法の大きな特徴は、この所得の種類に応じて区分わけがあるところです。
譲渡所得の中にも、不動産を売った場合や株式等を売った場合とでさらに細かく区分があります。

個人が趣味で持っているギターを売った場合は、この譲渡所得の区分のうち、総合譲渡に該当します。
この総合譲渡に該当するものは50万円の特別控除というのがあるのです。
これがあるおかげで総合譲渡に該当する資産の売却益の合計が年50万円までは所得税がかかりません。
(そもそも売却損になってしまう場合は所得税はかかりません)

ネットオークションで売った場合を想定して具体例で考えてみます。
大学時代に買ったのでいくらで取得したのか曖昧にしか覚えていません。
こういうときは収入金額(売値)の5%を取得費として費用計上できます。
ギターを落札者へ送る送料も譲渡費用として費用計上できます。2,000円くらいとして計算します。

 ●例1:60万円で売れた場合
 収入金額600,000-取得費600,000×5%-譲渡費用2,000-特別控除500,000=68,000円

 ●例2:100万円で売れた場合
 収入金額1,000,000-取得費1,000,000×5%-譲渡費用2,000-特別控除500,000=448,000円

例1の場合、サラリーマンかつこれ以外に副収入がないのであれば確定申告する必要はありません。
例2の場合は20万超ですので申告義務が生じます。

というわけで、第一に50万円超で売れたかどうかを確認してみてください。
ヴィンテージギターなどでないと該当しないのでは?
該当するという方、よっぽどいいギターをお持ちで。。。

※他にも収入がある方や、繰り返し売買を行っている方は、上記のとおりとは行きませんのでご注意ください。
また、サラリーマンの方の副収入が20万円以下の場合、確定申告は不要ですが住民税は申告が必要となります。